草薙素子ビジュアル解禁、『攻殻機動隊』最新作のキャラデザにロシア人イラストレーター

記事まとめ

  • 『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブが担当することが正式発表された。
  • 最新作となる本作は、『攻殻』史上初のフル3DCGアニメーション。
  • 2020年、Netflixにて全世界独占配信される。

『攻殻機動隊』新作、キャラクターデザイン&草薙素子ビジュアル解禁

『攻殻機動隊』新作、キャラクターデザイン&草薙素子ビジュアル解禁
フル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』草薙素子ビジュアル公開(イラストレーション:イリヤ・クブシノブ)(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
 押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画などで知られる『攻殻機動隊』。この度、現地時間11日、フランスで行われた「アヌシー国際アニメーション映画祭」にて、最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブが担当することが正式発表された。併せて、主人公・草薙素子のイメージビジュアルがお披露目となった。

【写真】アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』フォトギャラリー

 『攻殻機動隊』は、1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表。以来、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など、さまざまな作品群が構成され世界中に驚きと刺激を与え続けてきた。

 最新作となる『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻』史上初のフル3DCGアニメーション。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品だ。

 今回、同映画祭でのNetflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>には神山と荒牧が登壇し、会場ではロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブがキャラクターデザインを担当することが正式発表された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 攻殻機動隊 アニメ
  2. 攻殻機動隊 映画
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年6月13日のマンガ・アニメ記事
「『攻殻機動隊』新作、キャラクターデザイン&草薙素子ビジュアル解禁」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    山下しゅんやのパクリ感つよめで、あえてロシア人に発注する異議なし。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「攻殻機動隊 + 映画」のおすすめ記事

「攻殻機動隊 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「攻殻機動隊 + アニメ」のおすすめ記事

「攻殻機動隊 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「機動戦士ガンダム」のニュース

次に読みたい関連記事「機動戦士ガンダム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら