松下奈緒&ディーン・フジオカ、北条司『エンジェルサイン』にW主演

松下奈緒&ディーン・フジオカ、北条司『エンジェルサイン』にW主演
『エンジェルサイン』に主演する(左から)松下奈緒、ディーン・フジオカ(C)「エンジェルサイン」製作委員会
 漫画『キャッツ・アイ』や『シティーハンター』で知られる漫画家・北条司の初総監督作品となる長編オムニバス実写映画『エンジェルサイン』が、女優・ミュージシャンの松下奈緒と俳優・ミュージシャンのディーン・フジオカのダブル主演で製作されることが決まった。

【写真】『エンジェルサイン』フォトギャラリー

 本作は、せりふを使わない短編作品を募集する「サイレントマンガオーディション」に世界108ヵ国・地域から寄せられた作品6888編の中から選び抜かれたアジア・欧州の受賞作品を実写化。北条が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス作品となっている。

 「プロローグ」と「エピローグ」は各作品をつなぐ重要な役割を果たしており、総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取る。全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっている。

 松下とフジオカは「プロローグ」「エピローグ」のキャストとして登場。若き音楽家として同じ夢を追いかける恋人同士を演じる。

 チェリストのアイカ(松下)とピアニストのタカヤ(フジオカ)。恋人同士の二人は「いつか二人の音楽で、世界中の人々を感動させたい…」と夢を追いかけていた。アルバイトをしながら曲作りに没頭するタカヤと、彼を見守るアイカ。しかし、「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤは帰らぬ人となってしまう。アイカが、チェロのみで演奏する「エンジェルサイン」。やがて、その曲は世界に広まっていき…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年6月20日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。