全米で大ヒット中のアクション・ドラマ『S.W.A.T. シーズン2』の独占日本初放送に先駆け、デヴィッド・“ディーコン”・ケイ役のジェイ・ハリントンが来日。『クリミナル・マインド』のシェマー・ムーアが主演を務め、ロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く本作で、頼りになる冷静沈着な隊員を演じているジェイ。これまでアクション俳優のイメージがなかった彼の素顔とは?

【写真】『S.W.A.T.』ディーコン役のジェイ・ハリントン インタビューフォト

 『S.W.A.T.』は、70年代の人気ドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』のリブート版で、テーマソングも同じ曲(「反逆のテーマ」)を使っている。「父は『特別狙撃隊S.W.A.T.』を見ていたそうだけど、僕は見ていないんだ。でも、曲は覚えているよ! そんな伝説の番組の新作に出演できて本当にうれしくてたまらないし、家族も友達もみんな『S.W.A.T.』が好きなんだ」と、喜びを明かすジェイ。

 TV『デスパレートな妻たち』や、映画『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』など、コメディ作品で活躍してきた印象が強いジェイ。『S.W.A.T.』のようなポリス・アクションへの出演は、これまで彼が演じてきた役柄とは少し雰囲気が違うように思えるが、「実は、『S.W.A.T.』のキャスティング段階で、ディーコン役がなかなか見つからなかったそうなんだ。そこで、プロデューサーたちはコメディ経験のある役者から探してみようと考え、僕が候補に挙がったそうだ。コメディを演じるのは難しいと言われているが、今回はその経験が役に立ったよ」と、ディーコン役にキャスティングされた経緯を教えてくれた。