高良健吾「久しぶりに痛々しいヒリヒリした役が来た」30代初の映画に手応え

高良健吾「久しぶりに痛々しいヒリヒリした役が来た」30代初の映画に手応え
(左から)『アンダー・ユア・ベッド』舞台挨拶付き完成披露上映会に登場した西川可奈子、高良健吾 クランクイン!
 俳優の高良健吾が4日、都内で主演映画『アンダー・ユア・ベッド』の完成披露上映会の舞台挨拶イベントに登壇。自身が演じた主人公に対する浅からぬ思いや、プライベートでのこだわりなどについて話した。

【写真】『アンダー・ユア・ベッド』舞台挨拶付き完成披露上映会フォトギャラリー

 本映画は、小説家・大石圭の人気同名小説を原作とするR18指定の現代劇にして、「リミッターを外せ!」をテーマに、タブー視されるテーマに取り組むKADOKAWAとハピネットの共同企画「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾。孤独な男・三井直人(高良)が、学生時代に唯一「名前を呼んでくれた」女性・千尋(西川可奈子)に、狂気的な愛情を募らせる様を描く。

 本イベントには高良や西川の他、安部賢一、三宅亮輔、安里麻里監督が出席した。

 高良は「30代最初の年の作品だったので、いろいろな思いが詰まっている。自分ではあまり持ったことがないような、『結果が欲しいな』という欲がちょっとあった現場だった」とあいさつし、「10代、20代とやってきて、30代になった最初の1年目って、『そういう気持ちが出るんだなぁ、自分』と発見だった」とコメント。三井という役どころについて「久しぶりに、自分にこういう痛々しいヒリヒリした役が来たなと思った」と明かし、自身の演技に対する心境の変化を熱弁した。

 主人公に追いかけられる高嶺の花を演じた西川は、劇中のDVシーンの撮影などに言及。旦那の健太郎を演じた安部との事前の打ち合わせは「ほとんどしてない」と信頼感をにじませつつも、「段取りにないビンタが何発来たか…(笑)。でもそれが私はありがたかった。リアルなリアクションができた」と述懐した。安部は「『大丈夫!?』って話をしたら、平気な顔で『はい、大丈夫です。もっとやってください』と言ってくれる」と述べた。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年7月4日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。