『TWO WEEKS』比嘉愛未に対する三浦貴大の行動に同情の声「不憫すぎて辛い」

『TWO WEEKS』比嘉愛未に対する三浦貴大の行動に同情の声「不憫すぎて辛い」
拡大する(全1枚)
『TWO WEEKS』第6話場面写真(C)カンテレ
 三浦春馬が主演を務めるドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第6話が20日に放送され、すみれ(比嘉愛未)から婚約者である有馬(三浦貴大)への“告白”と、その後の有馬の行動に同情の声が集まっている。(※以下、ネタバレがあります。ご了承の上、お読みください)

【写真】娘はなを心配する比嘉愛未…『TWO WEEKS』第6話を振り返る

 灰谷(磯村勇斗)に追われていた結城(三浦春馬)を助けた楓(芳根京子)は、自らが8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、「私はあなたの味方です」と、検事の自分を信用してほしいと訴える。しかし楓が柴崎(高嶋政伸)への復讐(ふくしゅう)を目論んでいることを知った結城は、自分がその計画に利用されることを懸念し、楓を信じず再び逃亡する。

 翌日、結城が病院にいるすみれの前に現れる。楓から、8年前の結城の決断が「あなたと娘さんを守るため」だったと聞かされていたすみれは、「どうしてそんな風にしか生きられないの?」と結城を責めるが、「俺を信じてくれ」という結城の頼みを聞き入れる。

 しかしそこへ、すみれの娘・はな(稲垣来泉)の様子を心配した有馬がやって来る。目の前に結城がいることに気付いた有馬と、すみれの婚約者が自分を追う刑事だと知った結城。その時すみれは…。

 今回視聴者から大きな反響を呼んだのが、三浦貴大演じる有馬が置かれた複雑な状況についてだ。有馬はようやくすみれから、はなのドナーが結城であり、結城が元婚約者であることを明かされるも、刑事である有馬は立場上、困惑の表情をみせる。

 そんな中、すみれは結城の指示に従いデジカメの受け渡し役を務めことに。しかし、その背後にはすみれを尾行する有馬の姿が…。そのシーンが画面上に映し出されると、SNS上では「有馬さん切ない…」「うう、有馬さんがかわいそう…」「有馬さんが不憫すぎて辛い、、」など、同情する声が多く集まっている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

比嘉愛未のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「比嘉愛未」に関する記事

「比嘉愛未」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「比嘉愛未」の記事

次に読みたい「比嘉愛未」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク