奥菜恵、夫殺しの被告人に 要潤『悪魔の弁護人・御子柴礼司』ゲスト出演

奥菜恵、夫殺しの被告人に 要潤『悪魔の弁護人・御子柴礼司』ゲスト出演
オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』にゲスト出演する奥菜恵(C)東海テレビ
 女優の奥菜恵が、12月7日よりスタートする要潤主演のオトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)に、エピソードゲストとして出演することが分かった。闇を抱えた夫殺しの被告人を演じる。

【写真】オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』フォトギャラリー

 本作は、ミステリー作家・中山七里による弁護士・御子柴礼司シリーズ『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』の4作をドラマ化。主人公の御子柴礼司(要)はどんな依頼人でも必ず勝たせる“悪魔の弁護人”で、その正体はかつて凶悪犯罪を起こした元少年A。二転三転する法廷劇をハイテンポに、そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩をスリリングに描くヒューマン法廷ミステリーだ。御子柴の事務所の事務員・日下部洋子にベッキー、御子柴の前に立ち塞がる、東京地検のナンバー2である次席検事・岬恭平には津田寛治が扮する。

 今回のドラマでは、3つの裁判が描かれる。奥菜が演じるのは、最初のエピソードとなる「夫殺し」に登場する、夫殺しの罪で懲役16年の実刑判決を受けた主婦・津田亜季子。浮気相手との再婚のために夫を殺害し、さらに2人いる娘も捨てようとした身勝手な女だ。だが、主人公の御子柴はそんな亜季子が何かを隠していることに気付く。裁判のラストでは、さらに大きな秘密も明らかになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 奥菜恵 押尾学
  2. 奥菜恵 斎藤工
  3. 奥菜恵 木村了
奥菜恵のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年10月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「奥菜恵 + 木村了」のおすすめ記事

「奥菜恵 + 木村了」のおすすめ記事をもっと見る

「奥菜恵 + 押尾学」のおすすめ記事

「奥菜恵 + 押尾学」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高岡早紀」のニュース

次に読みたい関連記事「高岡早紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。