『ターミネーター』最新作で号泣…シュワちゃん&リンダ・ハミルトンが明かす撮影秘話

 SFアクション映画の金字塔『ターミネーター2』(1991)の正統な続編として、同シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作に復帰した最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』が本日8日よりいよいよ公開。28年ぶりにタッグを組んだT‐800役のアーノルド・シュワルツェネッガーとサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンがそろってインタビューに応じ、本作に懸けたそれぞれの思いを語った。

【写真】胸アツ! 『ターミネーター』パート1&2→最新作を名場面で振り返る

 ある日、ターミネーター“REV‐9”が、メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーと弟のミゲルを抹殺するため、未来からやって来る。だが、強化型兵士のグレースがそれを阻止。彼らが戦う目的はいったい何なのか。そして、サラ・コナーとT‐800を待つ新たな運命とは。

 最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』について、2人が口をそろえて強調するのが、この映画は「罪悪感からスタートする」ということ。おなじみのキャラクターが再びファンを熱狂させることは間違いないが、そのイメージは大きな変ぼうを遂げている。

 リンダはサラについて、「あまりハッピーな状態ではない」と口火を切る。「パート1、パート2とは全く違った立ち位置で、サラが新たな戦いにどう立ち向かっていくのか…そこが1つの見どころね」と含みを持たせる。

 一方、T‐800役として再登場するアーノルドも、「彼は過去の過ちに罪悪感を持ち、人間のことをより理解しようと努力するキャラクター」と説明。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ターミネーター」に関する記事

「ターミネーター」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ターミネーター」の記事

次に読みたい「ターミネーター」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク