『ターミネーター』最新作で号泣…シュワちゃん&リンダ・ハミルトンが明かす撮影秘話



 ただ、「リンダの気持ちも痛いほどわかる」というアーノルドは、「自分じゃない人間が演じていることに奇妙さを感じたね。『自分だったらこういう動きをしたんじゃないか』とか、『こんなアプローチをしたんじゃないか』とか、思うこともたくさんあったし、コントロールできないもどかしさは確かにあった」と心情を吐露した。

 唯一心残りだったという若かりし頃の2人のシーンに関しては、ぜひ、“その意味”も含めて劇場で確かめてほしいが、それにしても、サラ・コナーとT‐800が同じスクリーンで並んで映し出される映像は、多くのファンが待ち望んでいた瞬間。

 パート1以来、35年間、友情を保ち続けている2人は、久々のタッグにも「安心感しかなかった」と目を合わせながらニッコリ。「パート2から28年経つけれど、その間、ずっと『ターミネーター』の仕事をやり続けてきた感じだったよ」とアーノルドが言うように、呼吸の合った見事なハーモニーは、この映画に不思議なオーラをもたらしている。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は全国公開中。
 
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ターミネーター」に関する記事

「ターミネーター」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ターミネーター」の記事

次に読みたい「ターミネーター」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク