豊川悦司ら出演『MIDWAY』来秋日本公開決定 全米初登場1位の大ヒット

記事まとめ

  • 米映画『MIDWAY』が2020年秋に日本で公開されることが決まった。
  • 山本五十六役を豊川悦司が演じているほか、浅野忠信や國村隼も出演。
  • 全米では8日に公開され、週末興収1750万ドルで初登場1位の大ヒットを記録。

豊川悦司が山本五十六役で出演! 日米キャスト共演『MIDWAY』日本公開決定

豊川悦司が山本五十六役で出演! 日米キャスト共演『MIDWAY』日本公開決定
映画『MIDWAY』(原題)での豊川悦司場面写真(C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.
 真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づいて描く米映画『MIDWAY』(原題)が、2020年秋に日本で公開されることが決まった。日本からは豊川悦司が海軍大将・山本五十六を演じるほか、浅野忠信や國村隼も共演している。

【写真】映画『MIDWAY』(原題)ハワイプレミアの様子

 本作は、『インデペンデンス・デイ』『パトリオット』などスペクタクル映画の巨匠ローランド・エメリッヒが、“今、自分たちが謳歌している自由のために戦ってくれた人たちのことを伝えたい”と、約20年の徹底したリサーチを元に製作。実在した勇敢な軍人たちの同胞意識と友情、そして米国の勝利を確実なものにするための決意と犠牲が描かれる。

 米海軍の兵士たちを演じるのは、エド・スクラインやルーク・クラインタンクら若手俳優、そしてウディ・ハレルソン、デニス・クエイド、パトリック・ウィルソン等のベテラン俳優たち。日本軍側は、真珠湾を壊滅させた山本五十六(豊川)率いる艦隊の山口多聞役を浅野、南雲忠一役を國村がそれぞれ演じている。全米では11月8日に公開され、週末興収1750万ドルで初登場1位の大ヒットを記録した。

 全米公開に先立ち、10月20日にハワイ・パールハーバーのヒッカム海軍基地内にてプレミアイベントが行われた。日本からはメインキャストとなる豊川が参加。完成した映画を観た豊川は「素晴らしい映画だったと思います。エンターテインメントとして、そして戦争というものに対する客観性、メッセージ性を含めてとてもバランスの取れた作品です。こういう題材ではあるけれども素直に楽しめたし、映画の中に入り込めたし、その映画に参加させてもらって本当にうれしい作品になっていたと思いました」と興奮気味に語った。
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年11月13日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。