大活躍キアヌ・リーヴス、『スポンジ・ボブ』新作にカメオ出演 回転草の“セージ”役

大活躍キアヌ・リーヴス、『スポンジ・ボブ』新作にカメオ出演 回転草の“セージ”役
『スポンジ・ボブ』劇場版第3弾にカメオ出演するキアヌ・リーヴス(C)AFLO
 2019年は『ジョン・ウィック:パラベラム』や『トイ・ストーリー4』、『いつかはマイ・ベイビー』…と、出演作が立て続けにヒットし、絶好調の俳優キアヌ・リーヴス。世界中で愛されるアニメ『スポンジ・ボブ』の劇場版第3弾『The SpongeBob Movie:Sponge on the Run(原題)』にカメオ出演することが明らかになった。

【写真】キアヌ・リーヴスが『スポンジ・ボブ』出演! インパクト大の登場姿

 現地時間14日に公開された初予告編で姿を現したキアヌ。CGアニメにもかかわらず、なんと本人の顔丸出しで、それも回転草になったセージの役だ。そう、スパイスやハーブとしても知られる、シソ科に属する草のセージ。英語のSageにはほかに、“賢者”“聖人”という意味があり、ちらりと見えるネックスレスやキアヌの風貌から、二重の意味があることが見て取れる。

 第3弾は、海底都市ビキニ・タウンに住む黄色くて四角い海綿のスポンジ・ボブと親友のパトリックが、さらわれたスポンジ・ボブのペット、かたつむりのゲイリーを取り戻すため、米東海岸最大規模のカジノがあるアトランティックシティに向かうというストーリーだ。

 スポンジ・ボブとパトリックはその道中で、キアヌ演じるセージと出会う模様。回転草の中に実写のキアヌの顔が浮かんでおり、驚く2人に「セージと呼んでくれ。僕はセージでできてるし、セージだからぴったりだ」と自己紹介。パトリックが「僕はパトリック。ケルト語で“トースター”という意味だよ」と返すと、「絶対違うよ」といったやり取りが展開する。出番は短そうだが、強烈なインパクトを残しそうだ。

 『The SpongeBob Movie:Sponge on the Run(原題)』は劇場版1作目『スポンジ・ボブ スクエアパンツ』のティム・ヒル監督がメガホン。現地時間2020年5月22日より全米公開予定。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月15日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。