『抱かれたい12人の女たち』山本耕史、佐藤江梨子の怪演に思わず「怖かったぁ」

『抱かれたい12人の女たち』山本耕史、佐藤江梨子の怪演に思わず「怖かったぁ」
ドラマ『抱かれたい12人の女たち』第9話場面写真(C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会
 俳優の山本耕史が主演を務める即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪/毎週土曜25時26分)の第9話が11月30日に放送され、ゲスト女優の佐藤江梨子が見せた怪演に、山本が思わず「怖かったぁ」ともらす一幕があった。

【写真】佐藤江梨子が動揺するシーンも『抱かれたい12人の女たち』第9話を振り返る

 都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に突然、シャンパンとケーキの箱を持った女性(佐藤)がやってくる。不思議に思うマスターだったが、女性が箱からケーキを取り出すと、そこには女性とマスターの顔がプリントされていて“Double Birthday”と書かれていた…。

 マスターは不審がりながらもロウソクに火をともすと、女性が「私は、コウちゃんのことが大大大大、大好きです」と思いを告げる。

 呆気に取られながらもなんとか話を合わせるマスター。そんな彼に対して女性が「スペシャルプレゼントを用意しました~」と笑顔で語りかけると、封筒から彼の個人情報もビッシリと書き込まれた婚姻届と、ポーチから“山本”の印鑑を取り出しサインを求めだす。このシーンにネット上には「恐怖だよ…」「こわいこわいこわい」などの声が寄せられた。

 即興芝居は終始、ストーカー気質の女性の猛アプローチをマスターがなだめたり叱ったりするという展開に。諦めきれない女性がラストシーンで、目の前のバースデーケーキのクリームを指につけ、それをマスターの顔の前に差し出しながら「お願いします。今夜一度だけ私を抱いてください」と懇願。

 そこでスタッフから「カット!」の声がかかると、マスター役の山本は笑いながらも思わず「怖かったぁ」とポツリ。即興芝居終了後のトークコーナーでは、ストーカー女性に扮した佐藤の怪演について、山本が「ピッタリね! そういう役が」と絶賛するとスタッフも爆笑。佐藤も手を叩いて喜んでいた。

あわせて読みたい

山本耕史のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「山本耕史 + 筋肉」のおすすめ記事

「山本耕史 + 筋肉」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュース

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュース

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 山本耕史 筋肉

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。