西田敏行、台本なしの現場は「まるでジャズの即興演奏」 故郷・福島への熱い思いを吐露

西田敏行、台本なしの現場は「まるでジャズの即興演奏」 故郷・福島への熱い思いを吐露
西田敏行、『風の電話』インタビュー クランクイン!
 即興演出という独自のスタイルを持つ名匠・諏訪敦彦監督の最新作『風の電話』で、震災によって引き起こされた原発事故に心を痛める老人・今田役を務めた俳優の西田敏行。劇中、自身の出身地でもある故郷・福島への思いを激白するシーンでは、「まるでジャズの即興演奏のように、心に浮かんでくる素直な気持ちをそのまま吐露した」と語る西田が、本作の撮影現場を改めて振り返った。

【写真】優しい表情を浮かべる西田敏行、インタビューカット

 東日本大震災以降、“天国に繋がる電話”として、3万人以上の人々が訪れている電話ボックス<風の電話>をモチーフにした、初の映像作品となる本作。広島から故郷の大槌町へ、家族を亡くした少女ハルが、傷ついた心を抱えながら、見知らぬ町を旅する姿を追いかける。『ブラック校則』などで注目の新人女優・モトーラ世理奈が主人公・ハルを演じ、諏訪監督と再タッグとなる西島秀俊(『2/デュオ』)、三浦友和(『M/OTHER』)、そして西田と、日本を代表する豪華俳優陣がハルを旅先で励ます重要な役で登場する。

■撮影はまるでジャズの即興演奏

 諏訪監督が、「打ち合わせもなく、僕が『用意スタート!』と言う前に、もう芝居に入っていた」と証言するように、この作品に懸ける西田の思いは、前のめりになるほど熱いものがあったようだ。「競馬に例えるなら、今すぐにでもパドックから飛び出して、コースを走りたい! っていう気持ちでしたね。台本もなく、セリフもない。それ以前に、『私は今から何を演じるんだろう?』というちょっと不思議な感覚があって。自由に走らせてくれるというか、ジャズを即興演奏するような、そんな雰囲気がとても幸せでした」と述懐する。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。