長編デビュー作 『ヘレディタリー/継承』(18)で世界から注目されるアリ・アスター監督が30日夜、都内で開催された最新作『ミッドサマー』の来日舞台あいさつ付き先行上映に登場。本作の製作のきっかけや、好きな日本映画についてユーモアを交えて語った。

【写真】アリ・アスター監督が初来日! 『ミッドサマー』来日舞台あいさつの様子

 『ミッドサマー』は、アスター監督が手がける新感覚スリラー。不慮の事故で家族を失ったダニー(フローレンス・ピュー)が、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人で、スウェーデンで開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れ、悪夢の出来事に遭遇する様を描く。

 アスター監督は「日本映画が大好きです。初来日なのでとてもワクワクしています」とニッコリ。2週間滞在する予定で「探検できるのをワクワクしている。京都に行くつもりです。もしほかに何か行くべきところがあれば提案してほしい」と観客に呼びかけた。

 “恐怖映画の歴史をくつがえす”と評される本作の製作当初について「企画自体は、撮影前の『ヘレディタリー』の脚本を読んだスウェーデンのプロデューサーが僕にアプローチしてくれて、『夏至祭の間、アメリカ人がスウェーデンの特別なコミューンを訪れて…という映画をつくりたい』と言われたのが全ての始まり。正直、そのアイデアだけでは響かず、やりたいかどうか自分ではわからなかった」と回想。

 それでも「僕はちょうどそのとき付き合った彼女と別れたばかりで、これを失恋ムービーにできるんじゃないかと思ったんだ。あるいは恋愛関係の終焉、別離を描いた映画にすれば面白いものになるかもしれないと思い始めた。そう考えると、夏至祭というのが、アイデアをふくらまるために魅力的だと思えた」と製作秘話を明かした。