少年は“完璧な優等生”か“恐ろしい怪物”か…ナオミ・ワッツ出演『ルース・エドガー』公開決定

少年は“完璧な優等生”か“恐ろしい怪物”か…ナオミ・ワッツ出演『ルース・エドガー』公開決定
映画『ルース・エドガー』場面写真(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.
 女優のナオミ・ワッツやオクタヴィア・スペンサーらが出演し、人間の謎めいた本質とアメリカの現実をえぐり出す映画『LUCE(原題)』が、邦題を『ルース・エドガー』として5月15日より公開されることが決定。併せて主要キャストを捉えた2点の場面写真が解禁された。

【写真】ルースの養父母を演じるナオミ・ワッツ&ティム・ロス 『ルース・エドガー』場面写真

 J・C・リーの戯曲『Luce』を映画化した本作は、17歳の黒人の高校生ルースの知られざる内面に迫り、深刻な矛盾をはらんだアメリカ社会の現状をリアルにえぐり出し、謎のベールに覆われた人間という存在の本質に鋭く切り込んだヒューマンドラマ。模範的な若者として学校や地域の誰からも愛され、称賛される少年の“知られざる真実”をめぐってサスペンスフルなストーリーが展開し、観る者の先入観を根底から覆していく。

 バージニア州アーリントンの高校生ルース・エドガーは文武両道に秀で、スピーチやユーモアのセンスにも長けた17歳の少年。アフリカの戦火の国で生まれた過酷なハンデを克服し、さまざまなルーツを持つ生徒たちの誰からも慕われている彼は、自由の国アメリカで希望を象徴する存在へと成長した。

 そんなルースがある課題のレポートをきっかけに、同じアフリカ系の女性教師ウィルソンと対立し、彼の順風満帆の日常が大きく揺らぎ出す。ルースが危険な過激思想に染まっているのではというウィルソンの疑惑は、ルースの養父母である白人夫婦エイミーとピーターの胸にも疑念を生じさせていく。はたしてルースは何者なのか。本当に“完璧な優等生”なのか、それとも世間を欺く“恐ろしい怪物”なのか…。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。