ゲームやアメコミを彷彿!? 王道“じゃない”犯罪捜査ドラマ『アイテム』に注目!

ゲームやアメコミを彷彿!? 王道“じゃない”犯罪捜査ドラマ『アイテム』に注目!
『アイテム~運命に導かれし2人~』熱血検事のカン・ゴン(チュ・ジフン)と天才女性プロファイラーのシン・ソヨン(チン・セヨン)(C)2019MBC
 韓国のトップスター、チュ・ジフンと、主演ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』がNHKでオンエアされ、日本でも大人気のチン・セヨンがタッグを組んだミステリードラマ『アイテム~運命に導かれし2人~』のDVDがリリースされた。韓国でも多くのミステリーファンを唸らせた本作、その見どころと感想(一部ネタバレあり)を紹介していこう。

【写真】『アイテム』で7年ぶりの共演となったチュ・ジフンとチン・セヨン

 本作の主人公は、チュ・ジフン演じる検事のカン・ゴン。彼は正義感の塊で、どのような相手であっても、決して信念を曲げず、大物だからと罪を見逃してやることもない。つまり、出世からはほど遠く、敵を作りやすいタイプである。そして、ある朝、ゴンは暴走する列車を自らが止める不思議な夢を見る…というところから物語が始まる。

■作品全体の“スパイス”となる敵役の存在

 まず、面白い!と思ったのが「敵役がとにかく恐ろしい」こと。近年の犯罪捜査ドラマのトレンドとして、敵役が“どこか憎めない”といった流れがあるが、本作の敵役ファウォングループの会長チョ・セファン(キム・ガンウ)は悪魔みたいな奴だ。ゴンによって収監された後、3年ぶりに外の世界へ出てくるのだが、自宅に戻り、隠し金庫という名の秘密の部屋をチェックしていると、大切なブレスレッドが消えていることに気づく。激怒したセファンは、部下を死ぬ寸前まで締め上げるのだ。

 このブレスレッドが、超絶パワーを発揮する重要な“アイテム”なのだが、よりにもよって宿敵ゴンの姪・ダインが何気なく拾ってしまう。大人だったら躊躇するだろうが、子どもだから「わぁー、きれい」で拾うのは当然。もちろん、身に付ける。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。