シャーリーズ・セロン、不死身の傭兵を率いる女兵士に『オールド・ガード』場面写真解禁
拡大する(全1枚)
映画『オールド・ガード』場面写真
 女優のシャーリーズ・セロンが、不死身の傭兵を率いる女性兵士役で主演を務めるNetflixオリジナル映画『オールド・ガード』より、場面写真が解禁された。

【写真】シャーリーズ・セロンがシャーリーズ・セロンが不死身の傭兵率いる女兵士に!

 原作は『スーパーマン』『ワンダーウーマン』『ウルヴァリン』などのアメリカンコミックライター、小説家として活躍してきたグレッグ・ルッカによる人気グラフィックノベル。ルッカは本作の脚本・製作総指揮も務めている。映画『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』の女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドがメガホンをとり、シャーリーズの魅力が存分にあふれるアクション作を作り上げた。

 共演は、映画『ビール・ストリートの恋人たち』のキキ・レイン、『アラジン』のマーワン・ケンザリ、『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・メリング、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のベロニカ・グゥ、『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォーら。

 何世紀にも渡り、秘密裏に人類を守り続けてきた謎の特殊部隊。そのメンバーたちは“永遠の命”を持つ不死身の傭兵たちであり、彼らを率いるのは女性兵士アンディ(シャーリーズ)。ある日、緊急任務のために召集された彼らの能力が何者かによって暴かれ、その能力を複製しようと企む謎の組織から狙われることに…。

 本作では、不死身の体を持ち永遠に生きることの意味や、アンディと仲間たちが持つ苦悩や葛藤も繊細に描かれており、その奥深いストーリー展開にも期待が高まる。

 今回解禁された場面写真には、不死身の傭兵たちからなる特殊部隊のチームを引き連れて、斧を背負い颯爽と銃を構える主人公アンディ(シャーリーズ)の凛々しい姿が写されており、壮絶な戦いの幕開けを予感させるものとなっている。

 Netflixオリジナル映画『オールド・ガード』は7月10日より全世界独占配信。