LGBTQの多様なあり方を映画から学ぶ! キアヌ・リーヴス出世作など12選

LGBTQの多様なあり方を映画から学ぶ! キアヌ・リーヴス出世作など12選
キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBTQ映画12選 写真提供:AFLO
 本日5月17日は「LGBT嫌悪に反対する国際デー」。毎年各国でイベントやメッセージが発信され、日本では2014年から「多様な性にYESの日」として記念日にも認定されている。LGBT、近年では「クィア」(性的マイノリティー全体を包括する言葉)、もしくは「クエスチョニング」(性自認、性的指向が定まっていない人の意)を表わすQを加えて「LGBTQ」とも呼ばれるが、以前よりさまざまな映画が公開され、観客に多様な性のあり方を問いかけてきた。今回はそんな中から、選りすぐりの作品を紹介していこう。

【写真】キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBT映画12選

(1)『チョコレートドーナツ』(2012)
 まずは1本目は、1970年代のアメリカでの実話を基に、育児放棄されたダウン症の少年と家族のように暮らすゲイカップルの日々を描いた『チョコレートドーナツ』だ。世界各国の映画祭で10以上の観客賞を受賞した感動作だけあって、主人公ルディ役のアラン・カミングの名演と歌声に大泣きし、LGBTQへの無知、無理解にも気付かせてくれる。LGBTの入口としてふさわしい1本といえよう。号泣用ティッシュをお忘れなく。

(2)『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)

 キアヌ・リーヴスの名を一躍知らしめたガス・ヴァン・サント監督初期の代表作『マイ・プライベート・アイダホ』は、同性愛、近親相姦、ドラッグ、売春など、さまざまな社会問題が登場する。路上に立ち、男性に体を売って暮らしている青年マイクは、自分を捨てた母親を捜すため、男娼のスコットと共に故郷のアイダホへと向かうが…。重たい内容の中、若々しいキアヌと、若くしてこの世を去るリヴァー・フェニックスの美しさが印象的な作品だ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月17日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。