名曲誕生の裏で…若き作曲家の苦悩と情熱を映し出す『剣の舞』予告解禁

名曲誕生の裏で…若き作曲家の苦悩と情熱を映し出す『剣の舞』予告解禁
映画『剣の舞 我が心の旋律』場面写真(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC
 クラシック名曲の誕生秘話を描くロシア・アルメニア映画『剣の舞 我が心の旋律』より、若き日の作曲家ハチャトゥリアンの苦悩と情熱を映し出す予告編と場面写真が解禁された。

【写真】名曲誕生に隠された愛と友情の真実の物語『剣の舞 我が心の旋律』フォトギャラリー

 本作は、クラシック界の巨匠アラム・ハチャトゥリアンが、若き日にたった一晩で書き上げた20世紀の名曲「剣の舞」に込めた民族の悲しみと世界平和への祈り、その知られざる真実を描く。ハチャトリアンを演じるのは、ロシアの舞台やテレビで活躍するアンバルツム・カバニャン。彼の宿敵プシュコフには、米テレビドラマ『24』にも出演したアレクサンドル・クズネツォフが扮する。監督・脚本を務めたユスプ・ラジコフは「剣の舞」完成前後の2週間に着目し、5年かけて脚本を執筆した。

 第2次世界大戦中、ソ連のレニングラード国立オペラ・バレエ劇場はモトロフ市に疎開していた。劇団員たちは軍部の監視、物資の乏しさ、延々と繰り返されるリハーサルなど、さまざまな困難に耐えながら、バレエ『ガイーヌ』のプレミア上演に向け準備をしていたのだった。突然、上官からクルド人が剣を持って戦いの踊りを舞う楽曲を作るよう命じられた若き作曲家アラム・ハチャトゥリアン。それは公演のわずか8時間前だった。彼は軍部の狙いをよそに、ある思いを込めて作曲を始めるが…。

 予告編では、ソ連政府の理不尽な要求や厳しい検閲に苦しみながらも、のちに巨匠となる若きハチャトゥリアンの苦悩の日々と、名曲「剣の舞」完成までの感動と軌跡を描き出す。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。