美少女ホラー『フェノミナ』初の日本語吹き替え版、メイン声優にM・A・O&榊原良子が決定

美少女ホラー『フェノミナ』初の日本語吹き替え版、メイン声優にM・A・O&榊原良子が決定
『フェノミナ』初の日本語吹き替え版でジェニファー役を演じるM・A・O(上段)と、ブルックナー役を演じる榊原良子(下段)(C)1984 TITANUS
       
 イタリアの名匠ダリオ・アルジェント監督の代表作で、オスカー女優のジェニファー・コネリーが13歳で初ヒロイン役を務めた美少女ホラーの傑作『フェノミナ』(1984)。4Kレストア版ブルーレイ(10月2日発売)に収録される本作初の日本語吹き替え版声優が発表され、ジェニファー・コネリーをM・A・O、ダリア・ニコロディを榊原良子が務めることが決定した。

【写真】美少女ホラーの傑作『フェノミナ‐日本語吹替音声収録4Kレストア版‐』フォトギャラリー

 映画『サスペリア』(1977)、『インフェルノ』(1980)などでホラー映画ファンから熱烈な支持を受ける名匠ダリオ・アルジェント監督の代表作となる本作。今やアカデミー賞女優となった、当時13歳のジェニファー・コネリーを初ヒロイン役として起用し、彼女の純粋無垢な美しさに加え、ヒロインが数々の恐ろしい厄災に見舞われていくさまと過激なホラー描写が公開当時大きな話題を呼んた。

 吹き替え版で主人公のジェニファー(演:ジェニファー・コネリー)役を担当するのは、映画『ジュマンジ』シリーズのマディソン・アイズマン(ベサニー役)や、『スウィート17モンスター』のヘイリー・ルー・リチャードソン(クリスタ役)などの声を演じてきたM・A・O。澄んだ清楚な声質を持ち、テレビアニメ『がっこうぐらし!』(若狭悠里役)ほか数々のアニメにも出演し、女優としても“市道真央”名義で特撮テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』(ルカ・ミルフィ役)などで活躍している。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。