2020年冬にNHK総合テレビで放送予定の長編アニメ『アーヤと魔女』より、メインビジュアルとシーン画像が解禁。宮崎吾朗監督のコメントも到着し、アーヤとの出会いや作品への思いが明かされた。


【写真】スタジオジブリ初の全編3DCG長編アニメ『アーヤと魔女』フォトギャラリー

 原作は、大ヒットしたスタジオジブリによるアニメーション映画『ハウルの動く城』の原作を書いたイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズが描く児童向け小説。自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語を、スタジオジブリが初の全編3DCGアニメとして制作。原作を気に入った宮崎駿が長編アニメとして企画し、息子の吾朗が監督を、プロデューサーを鈴木敏夫が担当する。

 解禁されたのは、小さな魔女の娘・アーヤがマイクを手に元気に歌うメインビジュアルと本編シーン。箒を持つアーヤ、並んで立つアーヤと子供たち、アーヤと暮らすいじわるな魔女など、登場キャラクターを写したビジュアルがお披露目された。スタジオジブリの名作『魔女の宅急便』のジジによく似た黒猫の存在も気になるところだ。


 宮崎吾朗監督は「今、僕たちの国では、大人ばかりが多くて、子どもの数が少ないです。その少ない数で沢山の大人を相手にしなければいけないから、今の子どもたちは大変だろうな。そんなことを考えているときに僕はアーヤに出会いました。そして、『そうか、そうすりゃ良いのか!』と思ったのでした」と、本作との出会いや気づきを明かす。

 続けて、「アーヤが面倒くさい大人たちを相手にどうするか? それはどうか『アーヤと魔女』をご覧になってください。憎たらしいけど、可愛い僕らのアーヤが、子どもたちを勇気づけ、大人たちを元気づけてくれることを、心から願っています」とコメントした。


 長編アニメ『アーヤと魔女』は、NHK総合テレビにて今冬放送予定。