田中裕子『おらおらでひとりいぐも』、蒼井優の夫役に東出昌大 クドカンら追加キャスト発表

 女優の田中裕子が主演を務め、蒼井優と二人一役で主人公を演じる映画『おらおらでひとりいぐも』の追加キャストとして、俳優の東出昌大、濱田岳、青木崇高、劇作家・俳優の宮藤官九郎の出演が発表された。

【写真】「東出昌大」フォトギャラリー

 本作は、文藝賞と芥川賞をダブル受賞した若竹千佐子による同名ベストセラー小説(河出書房新社)を、映画『横道世之介』『モリのいる場所』などで知られる沖田修一監督のメガホンで映画化。田中は「現在」の桃子さん(75歳)を、蒼井は「娘の時代」「妻の時代」(20~34歳)の桃子さんを演じる。田中が映画で主演を務めるのは、『いつか読書する日』以来15年ぶり。

 75歳でひとり暮らしをしている桃子さん。1964年に身ひとつで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれた。ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうちに、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声”が、ジャズセッションに乗せて内から外に湧き上がってきた。彼女の孤独な生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにか賑やかな毎日に変わっていく…。

 東出が演じるのは、数年前に亡くなった夫・周造役。そして夫に先立たれた桃子さんに突如湧き上がってきた“心の声”を、濱田、青木、宮藤が演じる。それぞれ寂しさ1、2、3という役名で、桃子さんの分身としてユーモラスでコミカルな演技を繰り広げる。さらに、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子らも出演する。

当時の記事を読む

宮藤官九郎のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮藤官九郎」に関する記事

「宮藤官九郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮藤官九郎」の記事

次に読みたい「宮藤官九郎」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月22日の映画記事

キーワード一覧

  1. 宮藤官九郎 ドラマ
  2. 宮藤官九郎 大河ドラマ
  3. 宮藤官九郎 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。