のん、約6年ぶり実写映画主演で林遣都と初共演 綿矢りさ原作の崖っぷちロマンス

 女優ののんが約6年ぶりに実写映画主演を務め、俳優の林遣都と初共演する大九明子監督の最新作『私をくいとめて』が、今冬、全国公開されることが決まった。のんが実写映画に主演するのは、能年玲奈名義で出演した『海月姫』(2014)以来となる。

【写真】映画『私をくいとめて』のん&林遣都のティザービジュアル

 芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写化する本作は、脳内に相談役が≪爆誕≫した31歳おひとりさまと年下男子の、あと1歩近づけないむずがゆい恋模様を描く崖っぷちロマンス。『恋するマドリ』(2007)で劇場長編デビュー以降、『東京無印女子物語』(2012)、『でーれーガールズ』(2015)、『勝手にふるえてろ』(2017)などで、女性の生き方や恋愛にスポットを当てつづけてきた大九監督がメガホンを取る。

 大九組初参加となるのんが、脳内に相談役「A」をもつ31歳おひとりさま・黒田みつ子を演じ、林はみつ子が恋をする取引先営業マンの年下男子・多田くん役を務める。

 30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子(のん)。ひとりきりでも楽しく生活できているのは、脳内に相談役「A」がいるからだ。人間関係や身の振り方に迷ったときは、「A」がいつも正しいアンサーをくれる。「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたある日、みつ子は年下の営業マン多田くん(林)に恋をしてしまう。ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は、20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、きっと多田くんと自分は両思いだと信じて一歩前へ踏み出すことに…。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク