メル・ギブソン×ショーン・ペン『博士と狂人』天才2人の友情を描いたポスター解禁

 俳優のメル・ギブソンとショーン・ペンが初共演する映画『博士と狂人』より、2人の天才の姿を写し出したポスタービジュアルが解禁された。

【写真】『博士と狂人』マレー博士役のメル・ギブソンとマイナー役のショーン・ペン

 本作は、全米で大反響を呼んだ、サイモン・ウィンチェスターによるノンフィクション『博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話』(鈴木主税訳/ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の映画化。初版発行まで70年以上の歳月を費やし、世界最高峰と称される『オックスフォード英語大辞典』の礎を築いたのは、“異端の学者”と“殺人犯”だった―という驚くべき事実をドラマチックに描く。

 貧しい家に生まれるも独学で言語学界の第一人者となったマレーを、本作の映画化に20年以上情熱を傾け、『ハクソー・リッジ』で監督としても高い評価を得たメル・ギブソンが演じ、心を病み殺人を犯した元エリート軍医マイナーを、『ミスティック・リバー』と『ミルク』でアカデミー賞主演男優賞を2度受賞している名優ショーン・ペンが扮する。オックスフォード大学で孤立するマレーを支え続けた言語学者役のスティーヴ・クーガンほか、ナタリー・ドーマー、エディ・マーサンも出演。

 19世紀、独学で言語学博士となったマレーは、オックスフォード大学で英語辞典編纂(へんさん)計画の中心にいた。シェイクスピアの時代までさかのぼってすべての言葉を収録するという、無謀ともいえるプロジェクトに苦戦を強いられる中、博士に大量の資料を送ってくる謎の協力者が現れる。その人物は、殺人罪で精神病院に収監されていたアメリカ人、マイナーだった。

 完成したポスタービジュアルには、大量の用例集に囲まれたマレー博士と、収容されている精神病院の個室で本に囲まれているマイナーが、「歴史はこの2人から始まった―」というコピーとともに写されている。中心でベンチに座るマレー博士とマイナーのイラストからは、異端の天才2人の唯一無二の友情が伝わってくる。

 映画『博士と狂人』は10月16日より全国公開。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク