『滑走路』水川あさみ、監督も涙した会心テイクほめられ絶叫「よっしゃあーーー!!!!」

『滑走路』水川あさみ、監督も涙した会心テイクほめられ絶叫「よっしゃあーーー!!!!」
       

 女優の水川あさみが主演を務める映画『滑走路』より、メイキング写真が解禁。併せて、大庭功睦監督が水川との微笑ましい撮影エピソードを明かすコメントが公開された。

【写真】水川あさみが女性の繊細な悩みを表現『滑走路』場面写真

 原作は、いじめや非正規雇用といった自らの経験を基に短歌を発表し続けた歌人・萩原慎一郎による『歌集 滑走路』。32歳の若さで命を絶ち、デビュー作にして遺作となった同歌集は、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を呼び、歌集において異例のベストセラーを記録した。

 本作は、この原作歌集をモチーフにしたオリジナルストーリー。水川演じる翠、浅香演じる若手官僚・鷹野、そして新人・寄川が演じる中学2年生の学級委員長という、それぞれ悩みを抱えて生きる3人の人生が、やがて一つの道へとつながっていく。現代を生きる若い世代が抱える不安や葛藤、彼らがそれでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出す。

 近年『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』をはじめ、最新作の『アンダードッグ』まで数々の話題作に立て続けに出演し、映画女優として引っ張りだこの水川。本作では切り絵作家の翠にふんし、30代後半に差し掛かり、将来的なキャリアと社会不安に思い悩み、子どもを育てることへの憧れを抱きつつも、いざ夫の拓己(水橋研二)の子供を授かった時に違和感を抱いてしまう…という女性の繊細な悩みを表現する難役に挑んだ。

 本作で水川と初タッグを組んだ大庭監督は「水川さんと水橋さんのとても重要なシーンをワンカットで撮りたくて、何度もディスカッションを重ね、アイディアを深めた末に4テイク目でOKが出ました。僕も演技を見ながら泣いてしまったほどの出来で、カットをかけた後お芝居の延長でボロボロ泣いている水川さんに『素晴らしかったです』と声をかけたら、『よっしゃあーーーーーー!!!!』と家の壁が震えるぐらいの声量でガッツポーズしてくれて(笑)。とても面白い人だなと思いました」と微笑ましいエピソードを明かしている。

 いじめや過労、自死といった社会問題を扱う作品のため、重々しいシーンの撮影が多かったものの、現場では常に笑顔を絶やさずムードメーカーとなり、いざ本番に入ると脅威の集中力を見せたという水川。この夏公開された出演映画『喜劇 愛妻物語』と『ミッドナイトスワン』では弁の立つ強い女性を演じた水川が、本作でそれらの役柄とはガラッとイメージの変わった翠役を熱演する。

 映画『滑走路』は11月20日より全国公開。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。