『ザ・スイッチ』全米初登場NO.1記念! 地味目JK⇔連続殺人鬼、ビフォーアフター写真解禁

『ザ・スイッチ』全米初登場NO.1記念! 地味目JK⇔連続殺人鬼、ビフォーアフター写真解禁
       

 ホラー映画『ザ・スイッチ』が11月13日に北米2472館で公開され、興行収入371万ドルを稼ぎ全米初登場NO.1スタートを飾った(BOX Office Mojo調べ)。これを記念し、地味目JKが連続殺人鬼に変身する劇的ビフォーアフターの新場面写真が解禁された。

【写真】連続殺人鬼がかわいい仕草&女子高生がクールに変身『ザ・スイッチ』場面写真

 気弱でさえない女子高生と中年男の連続殺人鬼の史上最悪の入れ替わりを描く本作。製作を手掛けたのは、ハリウッドのホラー界を席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム。監督にはヒットホラー『ハッピー・デス・デイ』シリーズの監督クリストファー・ランドン。このタッグ作品では、『ハッピー・デス・デイ』(2017)に続き2本目の全米NO.1獲得となった。出演は、女子高生ミリー役にキャスリン・ニュートン、入れ替わってしまう連続殺人犯ブッチャー役にヴィンス・ヴォーンが扮する。

 女子高生のミリーがアメフトの応援後、無人のグラウンドで母の迎えを待っていたところに、邪悪な影が忍び寄る。現れた連続殺人鬼ブッチャーが鳴り響く雷鳴とともにミリーに短剣を突き刺したとき、異変が起こる。2人は入れ替わってしまったのだ。24時間以内に入れ替わりを解除しなければ、一生元の体に戻れない。殺りくを企てるブッチャーからミリーは体を取り戻すことはできるのか?

 解禁された場面写真には、女子高生のミリー(キャスリン・ニュートン)と連続殺人鬼のブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)の、入れ替わってしまうことで劇的な変身を遂げる2人のビフォーアフターが切り取られている。

 見た目は中年男、中身は女子高生となったミリーがかわいらしい仕草でクラスメイトと会話したり、親友2人と自分の身体を取り戻そうとブッチャーを探す一方、見た目はJK、中身は殺人鬼のブッチャーは鮮やかな赤いレザージャケットをクールに着こなし、メイクもバッチリ決めて、クラスメイトも激変ぶりに驚くほどのイケてる女子に大変身。さらには名作ホラー『悪魔のいけにえ』(1974)をほうふつさせるチェーンソーを構えた鬼気迫る表情の姿も。

 ホラー要素はもちろん、『ハッピー・デス・デイ』シリーズでも見事な手腕を披露したランドン監督ならではの演出に期待が高まる。

 映画『ザ・スイッチ』は2021年1月15日より全国公開。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。