園子温監督×ニコラス・ケイジ主演作、2021年夏公開決定 場面写真も到着
拡大する(全1枚)

 園子温監督が、俳優のニコラス・ケイジを主演に迎えてハリウッドデビューを果たした映画『Prisoners of the Ghostland(原題)』が、邦題を『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』として、2021年夏に公開されることが決定。併せて、場面写真も到着した。

【写真】ソフィア・ブテラの姿も 『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』場面写真

 本作は、鬼才・園子温監督とオスカー俳優のニコラス・ケイジという、強烈なふたつの才能が融合して生まれた痛快エンターテインメント。2019年2月に心筋梗塞で倒れた園監督が、死の淵から舞い戻り撮り上げた渾身の一作となる。

 主人公は、高名な悪党であるヒーロー(ニコラス)。ヒーローは銀行強盗をしくじってしまい囚われ、一帯を牛耳るガバナーの支配から逃亡した女(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すことを命じられる。そして、特殊なボディスーツに身を包んだヒーローが、女を探してたどり着いたのは美しくも暴力的な世界“ゴーストランド”。果たしてヒーローは、東洋と西洋が混ざり合い、混沌が包み込むこの町から女を見つけ出し、自由の身になることができるのか。

 2017年、ロサンゼルスから園監督に、本作のプロデューサーで脚本家のひとりでもあるレザ・シクソ・サフィから脚本が届き、それを園監督が気に入ったことから本作のプロジェクトが始動。2018年初頭にニコラス・ケイジの出演が決定し、同年のカンヌ国際映画祭にて、ニコラス・ケイジ出演情報のプレスリリースが出る。当初、アメリカでの撮影を予定していたが、2019年11月~12月、オール日本ロケにて撮影が行われた。

 危機的な状況から復活し本作を撮り上げた園監督は「ハリウッドで監督デビューすることは、自分にとって悲願でした。プロの映画監督としてデビューした時から20年経ちますが、その当時からずっと、いつかはハリウッドに行くと誓っていました。この映画が撮影に入る前に、心筋梗塞で集中治療室に運ばれ、死にかけました。そこから蘇り、いろいろなハードな山を越えて、撮影できました。感無量です」と喜びあふれるコメント。

 主演のニコラスについては「ニコラス・ケイジがこの映画に出演することになったことが、この『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』を成功に導きました。彼は私の映画をとても愛してくれていたので、ものすごくやりやすかったのです。とっても困難な厳しい撮影を乗り越える事が出来たのも、すべてニコラスのおかげです」と、ニコラスが自身の作品を評価していることや本作に参加したことへの感謝を語った。

 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は、2021年初夏全国公開。