【バイプレイヤーズ百名鑑】観月ありさ「イメージ通りの観月ありさになれたのかな?」

【バイプレイヤーズ百名鑑】観月ありさ「イメージ通りの観月ありさになれたのかな?」
拡大する(全1枚)

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(2021年春公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する観月ありさ

◆File No.027 観月ありさ

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第3話で観月は医療ドラマ『ドクターZ・5』に出演する、女優“観月ありさ”を演じた。

 「ずっと作品のファンだったので、とても嬉しかったです!」と初出演の喜びを語る観月。40年近い芸歴で本人役を演じるのは初体験となるが「自分らしさというのをより出せるようにと試行錯誤してやってみたのですが、イメージ通りの観月ありさになれたのかな…? 分かりません」と笑顔を見せる。

 撮影現場は「スタッフさん皆さんが楽しみながら作っていってる印象がありました」と振り返り、「現場でスタッフさん、俳優陣とディスカッションしながら撮影を進められたので、とても楽しくお芝居が出来ました」とコメント。現場に身を置いてみて改めて感じた本作の魅力を聞くと「いい意味で、ふざけているのか、真面目にやっているのか分かりません!」と笑った。

★観月ありさ/1976年12月5日東京都生まれ。4歳から芸能活動をスタートし、1991年に『超少女REIKO』で映画初主演。1992年放送の連続ドラマ初主演作『放課後』以来、2020年まで29年連続、通算33作の連続ドラマで毎年主演を務めている。『ナースのお仕事』シリーズ、『サザエさん』シリーズ(いずれもフジテレビ系)、『斉藤さん』シリーズ(日本テレビ系)などシリーズ主演作も多数。昨年は『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)で演じた強烈なキャラクターの女将役で話題を集めた。

●『バイプレイヤーズ』第3話プレイバック

 バイプレウッドの8スタでは、8チャンが観月ありさ主演の医療ドラマ『ドクターZ・5』の撮影を行っていた。海外ドラマのような過激なテイストが話題で、視聴率も好調だったのだが、“コンプライアンス”違反を指摘する視聴者からの手紙が引き金となり、過剰な役柄の滝藤賢一は降板させられる事態に! 働き方改革や、ハラスメント防止で撮り直しやキャスト同士の衝突も発生…過剰なコンプライアンスが起こす騒動の行方は!?

編集部おすすめ

当時の記事を読む

観月ありさのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「観月ありさ」に関する記事

「観月ありさ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「観月ありさ」の記事

次に読みたい「観月ありさ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク