【バイプレイヤーズ百名鑑】池谷のぶえ「撮影現場はバイプレイヤーズのテーマパーク!」
拡大する(全1枚)

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する池谷のぶえ

◆File No.063 池谷のぶえ

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第8話で池谷は、バイプレウッドで起こった朝ドラヒロイン争いのカギを握る人物で、人の良さそうなおばさんを演じたら右に出る者はいない、最近足腰の調子が悪く、腰痛が悪化しがちな女優“池谷のぶえ”役を演じた。

 今回がシリーズ初出演となる池谷は「私などをバイプレイヤーズの仲間に入れてくださり、ありがたいなぁ…と思いました」とオファーを振り返る。現場は「バイプレイヤーズのテーマパークだ!と思いました」と語り、今回演じた役どころは「本人が更に役を演じてる…という設定だったので、本人という概念が迷子になりました」とも。

 そんな池谷は本作の魅力を「他の作品では、もう少したくさん見せて!とウズウズしてしまう名バイプレイヤーズのみなさんを、堪能できるところです」と語っている。

★池谷のぶえ/1971年5月22日茨城県出身。1994年、劇団「猫ニャー」(のちの「演劇弁当猫ニャー」)の舞台俳優としてデビュー。2004年劇団解散後は、舞台のみならず、映像作品にも出演の幅を広げる。映画『モリのいる場所』『浅田家』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、『民王』『妖怪シェアハウス』(ともにテレビ朝日系)、『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)などで抜群の存在感を放つ。ほかにも『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)でコメディエンヌぶりを発揮し人気を集める。舞台『獣道一直線!!!』にて「第28回読売演劇大賞」優秀女優賞受賞。3月5日~31日上演の舞台『ほんとうのハウンド警部』に出演。

●『バイプレイヤーズ』第8話プレイバック

 バイプレウッドに激震! 朝ドラ『べじたぶる』のヒロインが降板…。そのニュースを聞きつけた民放各局の女優たちは、自分に声が掛かるかもしれないと色めき立っていた。そんな時、尾美としのりが吉田羊芳根京子本田望結富田望生と次の朝ドラヒロインが誰なのかを予言し始める。しかし、この予言がきっかけで4人は、ヒロインをめぐる熾烈な戦いを繰り広げることに! ヒロインの座は一体誰の手に!?