【バイプレイヤーズ百名鑑】橋本じゅん「僕の中では亡き漣さんへのオマージュ」
拡大する(全1枚)

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する橋本じゅん

◆File No.076 橋本じゅん

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第10話で橋本は、任侠映画『アウトローの森』に出演する、劇団☆新感線の看板の一人で、沖荒磯フカセ釣りが趣味で釣りの話に夢中になるとテーブルのお冷をこぼす、舞台に映像に大活躍するバイプレ“橋本じゅん”役を演じた。

 「出たかったのに出れないシリーズ作品が沢山あった中、今回は滑り込みセーフという気持ちで凄く光栄でした」と初出演の心境を明かす橋本。「大好きな仲間や憧れてた先輩や、旧知の同輩、先輩、後輩、なんだか同窓会にかなり近しい町の夏祭りの様な現場でした」と振り返る。本人役挑戦は「自分であって自分でなく、またその真逆でもあり、んー??って感じです。役作りという作業とは遥かに乖離したものでしたが役です」と笑う。

 念願の初出演を果たした本作について尋ねると「これはもう、僕の中では亡き漣さんへのオマージュで、名脇役への道には欠かせない!と自分の心に刻んでた作品です」と語っている。

★橋本じゅん/1964年2月25日兵庫県出身。大学在学中より劇団☆新感線に参加、以降看板俳優として活躍。1992年放送のNHK連続テレビ小説『ひらり』で全国区となり、ドラマ、映画と活躍の場を広げる。映画『図書館戦争』シリーズ、『キングダム』『罪の声』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、『あなたのことはそれほど』『MIU404』(TBS系)、『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)、『共演NG』(テレビ東京系)などで抜群の存在感を発揮。4月スタートの新ドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)への出演が発表されている。

●『バイプレイヤーズ』第10話プレイバック

 バイプレイヤーがYouTuberになる!? 100人ものバイプレイヤーが集まり制作している任侠映画『アウトローの森』。スポンサーが降り、クラウドファンディングで出資金を募ることになったが苦戦していた。そこで、出演キャストがYouTuberとして個々にチャンネルを開設し、出資金を募ることに! 各々が動画を投稿して話題になるが…。まさかの“あの男”が現れて奇跡を起こす!?