高岡早紀、まるでスパイダーマン!? 壁をはい空を飛ぶ映画『リカ』ビジュアル&コメント到着

高岡早紀、まるでスパイダーマン!? 壁をはい空を飛ぶ映画『リカ』ビジュアル&コメント到着
拡大する(全1枚)

 女優の高岡早紀が主演する映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』より、高岡演じる主人公・雨宮リカがスパイダーマンのように壁をはうシーンを切り取ったオンラインビジュアルが解禁された。

【写真】憎悪にまみれた雨宮家の結末 『リカ~リバース~』最終話より

 原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久の人気サイコスリラー小説『リカ』シリーズ。原作ファンから映像化を期待する声が大きい『リターン』をベースに2019年のドラマの最終回、捕まったはずの警察を抜け出して愛する人の元へと向かったリカのその後を描く。

 主人公・雨宮リカを演じるのは、ドラマに続き高岡早紀。衝撃的なセリフと振り切った演技で「リカ」ワールドへ引き込んでいく。幼い頃から愛に恵まれなかったリカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。運命の男性に出会ったとき、彼女のピュアな愛情はさく裂し、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。

 2019年のドラマの放送中に最も話題になったシーンは、逃げる本間隆雄(大谷亮平)を乗せたタクシーをリカが真顔の高速走りで追いかけるシーン。タクシーに追い付いてしまう人間離れした脚力を披露した。ターミネーターをほうふつさせる爆走シーンは、ドラマ『リカ~リバース~』の最終回(今夜4月3日23時40分放送)ではバージョンアップしている。

 そして映画では、リカはさらにスケールアップし、空高く飛び上がり、壁にへばりつくスパイダーマンさながらのアクションを披露。華麗なる変貌を遂げたビジュアルでは、獲物を見据える真剣なまなざしを向けている。

 このシーンの脚本を読んだ高岡は「何?これは何?」と度肝を抜かれたことを告白。ワイヤーアクションは過去にも経験があったものの、技術進化に伴い、より細いワイヤーで吊るされることが可能になったそうで、本人の身体への負荷が軽減されたとのこと。高岡は「最初は怖いと思ってましたが、撮影の日のお天気も良かったので楽しかったですね!ワクワクしました!」と撮影を振り返り、「今回のリカはスパイダーマンのようになっちゃいます。みんな笑いながら突っ込んでください!」とお茶目に語っている。

 映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』は、6月18日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スパイダーマン」に関する記事

「スパイダーマン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スパイダーマン」の記事

次に読みたい「スパイダーマン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク