金ロー『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初&本編ノーカットで6.4放送 クイーンメンバーからコメント到着

金ロー『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初&本編ノーカットで6.4放送 クイーンメンバーからコメント到着
拡大する(全1枚)

 伝説のロックバンド“クイーン”のリードボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を俳優ラミ・マレック主演で描いた大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)が、「金曜ロードショー」(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて6月4日に地上波初放送されることが決まった。

【写真】ラミ・マレックら来日『ボヘミアン・ラプソディ』ジャパンプレミアに登場

 常識を打ち破る革新的な音楽を次々と生み出し、スターダムを一気に駆け上がったフレディと仲間たち。彼らの華やかな活躍の裏には誰も知らないストーリーがあった。

 数々のヒット曲を放ち、一躍世界的な大スターとなったクイーン。フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし成功の光に照らされる一方で彼には孤独の影が忍び寄っていた。繰り返すメンバーとの衝突。崩壊寸前だったバンドは、20世紀最大の音楽イベント“ライブ・エイド”へ出演することとなる。そしてその時、永遠に語り継がれるラスト21分のパフォーマンスに込められたフレディとメンバーの思いと秘められた真実とは―。

 2018年、世界中で社会現象とも言える大ヒットとなり、全世界で1000億円以上、日本でも131億円の興行収入を記録。洋画、邦画を問わず最大のヒットとなった本作。第91回アカデミー賞でも、ラミ・マレックの主演男優賞をはじめ最多4部門を獲得し、文字通りこの年最大の話題作となった。

 もちろんタイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめ、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」など、1フレーズ聴けば誰でも分かる珠玉の名曲28曲が登場。音楽プロデューサーを、クイーンのオリジナルメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが務めており、単なる伝記映画にとどまらないミュージック・エンターテインメント作品となっている。

 主演のラミ・マレックは「皆さんに、金曜ロードショーで『ボヘミアン・ラプソディ』をご覧頂けることを、とても嬉しく思います。We are the Champions ! ありがとうございます。日本の皆さん、愛しています!」とのメッセージを寄せている。

 また、今回の地上波初放送にあたり、ブライアン・メイは「日本のファン、そして親愛なる皆さん、乾杯!皆さんは私たちの人生においてかけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!」、ロジャー・テイラーは「日本の親愛なる皆さん、こんにちは。この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!」とそれぞれコメントしている。

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて6月4日21時放送(本編ノーカット)。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク