『トランスフォーマー』最新作、2022年公開&邦題決定 『クリード 炎の宿敵』監督がメガホン

『トランスフォーマー』最新作、2022年公開&邦題決定 『クリード 炎の宿敵』監督がメガホン
拡大する(全1枚)

 映画『トランスフォーマー』シリーズ4年ぶりの最新作『Transformers: Rise of the beasts(原題)』が、邦題を『トランスフォーマー/ビースト覚醒』として、2022年に日本公開されることが決まった。

【写真】第6作『トランスフォーマー/最後の騎士王』フォトギャラリー

 2007年、マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮によって記念すべき1作目が製作され、空前の大ヒットを叩き出した『トランスフォーマー』。その後、シリーズ化され、全6作品の世界累計興行収入は48億4700万ドル(約5331億円)を突破。パラマウント・ピクチャーズ作品史上の歴代世界興収ランキングでは1~3位とトップを独占する記録的大ヒットとなった。

 最新作となる本作では、シリーズで初めてタイトルに「ビースト」のワードが付き、シリーズファンに絶大なる人気を誇り、当時としては画期的な全編3DCGによるテレビアニメーションとして大きな話題を呼んだ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997~98)を想起させるタイトルとなった。果たして『トランスフォーマー』にビースト参戦なるか、その全貌解明が待たれる。

 本作では、シリーズ全作品のプロデューサーであるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが製作を行い、監督を担当するのは、『クリード 炎の宿敵』(2018)のスティーブン・ケイブル・Jr。出演者として、北米で大ヒット中『イン・ザ・ハイツ』(2021)に主演していることでも話題のアンソニー・ラモスや、本年度アカデミー作品賞にノミネートされた『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(2021)で重要な役を演じたドミニク・フィッシュバックが発表されている。全米では2022年6月24日公開予定。

 映画『トランスフォーマー/ビースト覚醒』は2022年公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トランスフォーマー」に関する記事

「トランスフォーマー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トランスフォーマー」の記事

次に読みたい「トランスフォーマー」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク