早くもアカデミー賞の呼び声 50年封印された幻の音楽フェス描く『サマー・オブ・ソウル』特別映像

早くもアカデミー賞の呼び声 50年封印された幻の音楽フェス描く『サマー・オブ・ソウル』特別映像
拡大する(全1枚)

 本年度のサンダンス映画祭にて審査員大賞(ドキュメンタリー部門)と観客賞を受賞した映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』が、8月27日より公開されることが決定。監督のアミール・“クエストラブ”・トンプソンが本作について解説する特別映像が解禁された。

【動画】『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』特別映像<Harlem Then And Now>クエストラブ監督コメント付き!

 1969年、あのウッドストックと同じ夏、ニューヨークで30万人を集めたもう一つの大規模フェスがあった。それは、若きスティーヴィー・ワンダーやB.B.キング、スライ&ザ・ァミリー・ストーンなど、当時全米ヒットチャートを席巻していたブラック・ミュージックのスターが集結した幻の音楽フェス“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。しかし、その存在は50年間封印されていた。

 1969年の6月29日から8月24日までの6回の日曜に行われていたこのハーレム・カルチュラル・フェスティバルの全容を本作で蘇らせたのは、5度のグラミー賞受賞者であり、「ザ・ルーツ」のドラマー/DJ として世界的人気を誇るアミール“クエストラブ”トンプソン。至高のライブパフォーマンスの数々と、当時の社会情勢を記録した映像を見事に織り込み、誇りと希望に満ちあふれたメッセージを観る者に投げかける。

 今回解禁されたのは、監督のクエストラブが本作について解説する特別映像。まず「日本の皆さん、こんにちは」とにこやかにあいさつし「もうすぐ公開の新作『サマー・オブ・ソウル』をぜひ映画館で観てください」と呼びかけるところから始まる。続いてクエストラブが、当時フェスティバルが行われたハーレムのマウント・モリス公園(現マーカス・ガーヴィ公園)を歩きながら、本作について説明していく。

 映像には、豪華アーティストによるライブのほか、当時の過酷な社会状況を捉えた記録映像も挟み込まれる。クエストラブは「1969年は大きな変革期だった。人々は喪失感に耐え続けていた。ケネディ大統領やマルコム・Xを失い、マーティン・ルーサー・キングも失った」と語り、「1969年と現在に類似点が多いことに僕らは気づいた。当時起きていた多くのことが、50年後にも起きている」と強調する。

 本作のプロデューサー、ジョセフ・パテルも登場し「1969年のハーレムは変革意識にあふれ、ブラックパンサー党やラスト・ポエッツが動いていた。ステージ同様社会も激動していて、無視できなかった」と付け加える。そしてクエストラブが「これは、日の目を見るべき映像だ。当時の黒人社会を巡る状況が分かるからだ。政府や警察が市民をどう扱ったか目の当たりにできる。そして発言する黒人の姿を。音楽はメッセージを伝える手段だ。フェスティバル開催の経緯と背景も見せたかった」と語る。

 そして最後は、熱気あふれるライブの映像に、編集を担当したジョシュア・ピアソンの「歴史は繰り返す。1969年の出来事は現在を映し出している」という言葉や、当時のフェスティバル参加者の「私たちは歴史が動くのを目撃したの」「新しい世界を創ろうとしていたんだ」というコメントが重なり締めくくられている。

 映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は8月27日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク