ジョニー・デップ『MINAMATA』本編映像解禁 黒柳徹子、関口宏らコメント到着

ジョニー・デップ『MINAMATA』本編映像解禁 黒柳徹子、関口宏らコメント到着
拡大する(全1枚)

 俳優のジョニー・デップが水俣病を世界に知らしめた実在の写真家ユージン・スミス役で主演を務める映画『MINAMATA―ミナマタ―』より、ユージンが激化する抗議運動の中シャッターを切り続ける姿を収めた本編映像が解禁。併せて本作に寄せられた、黒柳徹子、関口宏、田原総一朗ら9名の著名人からのコメントが到着した。

【動画】激化する抗議運動の中、シャッターを切り続けるユージン 映画『MINAMATAーミナマター』本編映像

 日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家W・ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集『MINAMATA』だ。本作は、彼の遺作にもなったこの写真集を基に、同氏に長年憧れていたというジョニー自身の製作・主演で映画化したドラマ。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。音楽を坂本龍一が手掛けた。

 本編では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン氏が、当時の妻アイリーン氏と共に水俣を訪れ、1971年から74年までの3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。

 今回解禁されたのは、ユージンが激化する抗議運動の中、シャッターを切り続ける姿を収めた本編映像。チッソ工場に対して抗議運動を繰り広げる人々、それを力で押さえつける工場側。亡くなった家族の遺影を持つ人、抗議の旗を掲げる人。怒りや憤り、悲しみを抱え、声を上げる抗議者たち。混乱の中、ユージンは真実を写し出すため、体を張り果敢にシャッターを切り続ける。

 この危険な状況に、ユージンはアイリーンに「君は離れて」と声を掛けるが、彼女は火炎瓶の煙を吸い咳き込みながらも「あなたといる」と答える。抗議者に揉みくちゃにされ、次第に距離が離れていく二人。暴動に押されチッソの工場の門が開き、ユージンはそのまま中に入っていく…。

 この本編映像と併せて、黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使)、関口宏(タレント)、田原総一朗(ジャーナリスト)、いとうせいこう(作家・クリエイター)、上野千鶴子(社会学者)、内田樹(思想家・武道家)、武田鉄矢(歌手・俳優)、南こうせつ(フォークシンガー)、金平茂紀(TVキャスター・記者)の9名が本作に寄せたコメントも到着。

 黒柳は「日本人でも、よくわからないミナマタの痛みを、カメラマンのユージン・スミスが教えてくれる。ユージンを演じるのはジョニー・デップ。ハリウッドのスターがオーラを消してやってくれているのだ」。関口は「時に『映像』は、知識や理屈を超えて『真実』に迫る表現を可能にします。『MINAMATA』はそれを如実に描ききりました。ドキュメンタリードラマという手法も良かったと思います。半世紀前に起こった『水俣』が、私の中に生々しく蘇りました」と語る。

 田原は「コロナの時代が突きつけた問い――病に倒れた者にどう向き合うのか。国と企業から切り捨てられた水俣病患者たちの姿を活写した写真家ユージン・スミスと妻アイリーンが今、鮮やかに蘇る。僕は、静かに深く、奮い立っている」と、本作と現代の状況を重ね合わせたコメントを寄せている。

 映画『MINAMATA―ミナマタ―』は、9月23日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク