『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新予告、全世界一斉解禁

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新予告、全世界一斉解禁
拡大する(全1枚)

 俳優ダニエル・クレイグ主演の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、最新予告が全世界一斉解禁された。

【動画】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新予告

 「007」シリーズ第25作となる本作は、第21作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)からジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグにとって、5作目にして最後のボンド役となる。シリーズ最凶の敵サフィンには『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが抜てきされた。監督はキャリー・ジョージ・フクナガ。主題歌にはビリー・アイリッシュが起用された。

 最新予告は、ボンドの宿敵ブロフェルドが「運命の再会だ」と不穏に語るシーンから始まる。身柄を拘束されているブロフェルド。「お前の敵は、私の敵」「どうしてこうなったのか」とボンドに尋ねるも、「お前を長く生かし過ぎた」とボンドは冷酷に言い放つ。どのように関わるかは明らかになっていないが、このブロフェルドが何か握っているのは間違いなさそうだ。

 前作からボンドは00(ダブルオー)エージェントを引退し、ジャマイカで穏やかに暮らしていたが、旧友でCIAのフィリックス・ライターが助けを求めに来たことで、その生活は一変する。フィリックスが「誰が敵か味方か見分けがつかない」と話すように、ロンドンのMI6でも「昔はじかに敵と対決できたが 今や敵は空中を漂っている」と、姿が見えない敵に対策が立てられないまま手をこまねく。

 一方、プライベートでは愛する恋人マドレーヌが同僚のマネーペニーに「彼女は奴らの仲間?」と疑われ、徐々に距離を置くように。そんなマドレーヌはボンドのいないところでサフィンに会い、受け取った仮面を見ておびえている。ボンドも知らない、この2人の関係とは? 調べ進めることにより命を狙われることになってしまったボンドは、船中に閉じ込められるが…。「人類を淘汰すれば 世界はより良い場所になる」と話すサフィンの目的は一体何なのか。

 おなじみのMI6スタッフ、M、Q、マネーペニーも登場。イタリア・マテラの世界遺産、ノルウェーなど国際的な大スケールのロケ地を舞台に、陸・海・空で繰り広げられる迫力満点のアクションも見逃せない。

 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は10月1日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク