ヴィゴ・モーテンセン初監督 父子50年の物語『フォーリング』日本公開決定

ヴィゴ・モーテンセン初監督 父子50年の物語『フォーリング』日本公開決定
拡大する(全1枚)

 俳優のヴィゴ・モーテンセンの初監督作『FALLING(原題)』が、邦題を『フォーリング 50年間の想い出』として11月12日より公開されることが決定。父と息子が50年間の中で共に過ごした場面の数々を切り取ったポスタービジュアルが解禁された。

【写真】「ヴィゴ・モーテンセン」フォトギャラリー

 本作は、パイロットの主人公が、認知症を抱える父との再会をきっかけに50年間の記憶を辿り、言葉にできなかった想いを確かめ合う親子の物語。たとえ幾度も切れたとしても、必ずまた繋ぐことが出来る親子の絆を描いた至極のヒューマンドラマだ。

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で世界的人気を獲得し、『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』『グリーンブック』で3度アカデミー賞にノミネートされた名優のヴィゴが、製作・監督・脚本・音楽を手掛け、主人公役も務めた。脚本についてヴィゴは「母親の葬儀からの帰りに思いついた」と語っており、自身の親子関係を反映させた半自伝的な作品となっている。

 父親ウィリス役には、『エイリアン 2』『ターミネーター』のランス・ヘンリクセン。認知症で息子に頼らなければ生きていけなくなった父をリアルに演じきった。ヴィゴは父を反面教師に、都会的で洗練された生き方を選んだ息子ジョン役。そのほか、うまく愛情を表現できない若き日のウィリスには『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』でヨーロッパ映画賞にノミネートされたスヴェリル・グドナソン、ジョンの妹のサラには『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』などで3度アカデミー賞にノミネートされたローラ・リニーなど、演技派俳優陣が集結した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ヴィゴ・モーテンセンのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク