村上信五、フジテレビ『北京2022オリンピック』メインキャスターに就任

村上信五、フジテレビ『北京2022オリンピック』メインキャスターに就任
拡大する(全1枚)

 関ジャニ∞の村上五が、2022年2月4日開幕する北京冬季五輪を中継するフジテレビ系『北京2022オリンピック』でメインキャスターを務めることが決まった。村上が五輪キャスターを務めるのは、『東京2020オリンピック』(フジテレビ系)に続いて2回目となる。

【写真】村上信五はフジテレビ系東京オリンピック中継でもメインキャスターを務めた

 村上は、2大会連続となる大役に「アスリートの想(おも)いや戦う姿をお伝えする事が再度できるのは、もちろん、うれしくもあり責任もありますが、関わらせて頂ける事には喜びしかございません」と意気込みを語った。

 東京五輪などさまざまな取材で得たスポーツの豊富な知識と、アスリートに対する敬意と愛情を持った村上。その取材経験を踏まえて、「アスリートの皆さんのすごさ、細やかな部分をできる限り分かりやすく、マインドもしっかりとお伝えしたいです」とやる気に満ちあふれている。

 村上にとって冬のオリンピックの思い出は、16歳の時の1998年長野五輪。岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜が金メダルを獲得し、日本中に感動を巻き起こした、スキージャンプ・ラージヒル団体。その名シーンを「日本人として忘れられない興奮が詰まっています」と思い出を語った。

 そんな村上が北京五輪で注目している競技はスピードスケートとフィギュアスケート。気になる選手は『村上信五∞情熱の鼓動』(フジテレビ系/2018年10月~)で取材した2人のアスリートだという。一人は平昌五輪のスピードスケートで金・銀・銅メダルを獲得した、日本スピードスケート界のエース、高木美帆。北京五輪でもメダル獲得が有力視される彼女。さらなる進化に目が離せない。

 もう一人は、18歳のフィギュアスケート界次世代エース、鍵山優真。2度五輪に出場した父・鍵山正和さんの指導の下、シニアデビュー。昨年11月のNHK杯で初優勝を飾り、12月の全日本選手権では羽生結弦、宇野昌磨に続く3位入賞。今年3月の世界選手権では初出場ながら見事2位の快挙を成し遂げた。その鍵山の最大の武器は、羽生結弦も絶賛した4回転ジャンプだ。北京五輪出場、表彰台に期待がかかる。

 村上はソチ、平昌、北京と3大会連続金メダルの期待がかかる羽生結弦にも当然注目。「羽生選手は日本の顔ともなっている選手ですので、期待値の高さは言うまでもありませんが、金メダルの結果、大会期間中の一挙手一投足に注目が集まると思いますので、全てのコメントにも注目したいです」と話す。

 メインキャスター就任に伴い、村上は今週22日から開催される「全日本スピードスケート距離別選手権大会」の現場を早速取材。10月23日の 『S‐PARK』に出演し、北京2022オリンピックへの熱い思いを語る。

 北京五輪は2022年2月4日開幕。フジテレビ系で中継する競技は未定。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

村上信五のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「村上信五」に関する記事

「村上信五」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「村上信五」の記事

次に読みたい「村上信五」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク