神木隆之介×柴咲コウW主演! 『ホリック xxxHOLiC』実写映画化 監督は蜷川実花

神木隆之介×柴咲コウW主演! 『ホリック xxxHOLiC』実写映画化 監督は蜷川実花
拡大する(全1枚)

 俳優の神木隆之介と女優の柴咲コウが、映画『ホリック xxxHOLiC』でダブル主演を務めることがわかった。神木と柴咲の共演はドラマ『Dr.コトー診療所』以来、約18年ぶり。監督は蜷川実花が担う。

【写真】妖しく美しい! 神木隆之介&柴咲コウ、蜷川実花撮影のキャラクタービジュアル

 原作は、創作集団・CLAMPの大ベストセラー同名コミック。2003年~2010年にヤングマガジンで連載され、単行本の売り上げは累計1400万部を突破。小説化、アニメ化、実写ドラマ化、舞台化された人気コミックが、初めて実写映画化される。監督は、クリエイター兼写真家の蜷川実花が手掛ける。

 人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、四月一日の願いを叶えるために、彼の“一番大切なもの”を差し出すように囁くのだが――。

 高校生の四月一日君尋を演じるのは、神木隆之介。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えるという特殊な能力のせいで人と距離をとり、普通の生活を送りたいと願っている孤独な青年役で、VFX満載のアクションにも挑む。

 どんな願いも叶えるという不思議な【ミセ】の女主人・壱原侑子を演じるのは柴咲コウ。四月一日の能力を見抜き、対価と引き換えに彼の願いを叶えようと申し出る妖しく美しい女性を体現する。

 解禁されたビジュアルは、映画撮影時に蜷川監督自らが撮り下ろしたもの。四月一日を導く侑子が妖艶に微笑みかけ、映画『ホリック xxxHOLiC』の世界観を表現する1枚となっている。併せて、蜷川監督撮影による四月一日、侑子のキャラクター写真も公開された。

 蜷川監督は「『どうしてもxxxHOLiCを映画化したい!』と最初に打ち合わせをしてから、約10年。様々なことを乗り越えてやっと完成しました」としみじみ。さらに「音を立てて世界が変わる瞬間を体験した私たち、今だからこそ『xxxHOLiC』の中で語られていることが、より滲み入るように入ってきます」と、この時期の公開となったことの必然性を語る。

 四月一日役の神木は「僕なんかが実花さんの世界観に入ってしまっても良いのかな。と思っていましたが、優しく迎え入れてくれました。ありがとうございました!」と感謝を述べ、「柴咲コウさんとは、僕が小学生の時に共演させていただき、また一緒に作品を作らせていただくことができて幸せでした。『xxxHOLiC』よろしくお願いします!」とアピールする。

 侑子役の柴咲は「『蜷川実花』という唯一無二の色彩美を持った方が作り出す映像の中に溶け込めること。クランクイン前のフィッティングやメイクテストの時からすでにその世界観を楽しんでいました」と話し、「以前から原作を読みなおす度、“四月一日”のイメージが神木隆之介さんと重なり、まさに現場でも“四月一日”そのものの佇まいでした。“四月一日"と侑子の不思議な関係性が自然に醸し出せたと思います」とコメント。

 さらに、「押し黙って観るというよりも、内装・衣装・メイク・ヘア…様々な美術について、仲間とあれこれ語り合いながら観られたらより楽しめる作品だと思いました。ファッション好きな方々にも是非ご覧頂ければと存じます」と呼びかけた。

 池田史嗣プロデューサーは、神木について「ひょっとしてこの人はアンドロイドなのでは?というくらいに正確無比な演技で複雑な心の内面を精緻に表現し、現場ではその才能に何度も驚かされました」といい、柴咲についても「美しさは勿論、そこに居るだけで空気を変えてしまう圧倒的な存在感と流石の演技力で、人気キャラクターを見事に昇華させてくださいました」と絶賛。「お二人の持つ圧倒的な色気を感じることができるのは実写映画ならではの醍醐味です」と語っている。

 映画『ホリック xxxHOLiC』は2022年4月29日全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「実写化」に関する記事

「実写化」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「実写化」の記事

次に読みたい「実写化」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク