天海祐希×鈴木亮平W主演 広島弁満載の異色の“ニュー”ウエスタン活劇上演決定

天海祐希×鈴木亮平W主演 広島弁満載の異色の“ニュー”ウエスタン活劇上演決定
拡大する(全1枚)

 女優の天海祐希と俳優の鈴木亮平がダブル主演するCOCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ 2022』が、2022年4月に東京・Bunkamuraシアターコクーン、5月に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演されることが決まった。

【写真】天海祐希×鈴木亮平W主演『広島ジャンゴ 2022』ウエスタンなビジュアル

 本作は、人間の価値観や限られた社会での常識、世間体、シングルマザーなど、現代に通ずるさまざまな不条理を問いかける、広島弁満載の異色“ニュー”ウエスタン活劇。2017年に劇作家・演出家の蓬莱竜太と広島の劇作家の競作により広島市で上演された『広島ジャンゴ』を、フィクション・エンターテインメント性を高めて脚本をリニューアル、演出、美術、音楽を一新し、再構築した。

 舞台は現代の広島のカキ工場。周囲に合わせることをまったくしないシングルマザーのパートタイマー・山本に、シフト担当の木村は手を焼いていた。ある日、木村が目覚めると、そこはワンマンな町長が牛耳る西部の町「ヒロシマ」だった。山本は子連れガンマンの「ジャンゴ」として現れ、木村はなぜかジャンゴの愛馬「ディカプリオ」として、わけもわからぬまま、ともにこの町の騒動に巻き込まれていく―。

 “山本”役と、何らかの罪で追われるすご腕ガンマンの“ジャンゴ”役を演じるのは、天海祐希。“木村”役と、ジャンゴの愛馬であり、馬でありながらしゃべれる上にラップもできる“ディカプリオ”役を演じるのは鈴木亮平。2人は2009年の映画『カイジ 人生逆転ゲーム』以来、13年ぶりの共演となる。

 このほか、野村周平中村ゆり、宮下今日子、池津祥子、藤井隆仲村トオル、土居志央梨、芋生悠、北香那らが出演する。

 天海は「広島を舞台にしたウエスタンで女ガンマンを演じる。全く経験のない設定と役柄ですが、鈴木亮平さんや仲村トオルさんはじめ、共演の皆さんが魅力的なことが大きな支え。蓬莱さんと皆さんへの信頼を胸に、精一杯作品に挑む所存です」、鈴木は「西部劇、しかも『馬』も演じるのは初めてのこと。劇場でナマの舞台を観劇する。その瞬間にしか感じられない、言葉にならないほどの衝撃や感動があると僕は思っています。感動をお客様にしっかり伝えられるよう、全力で作品に挑みます」とコメント。

 作・演出の蓬莱は、主演2人について「天海さんは劇団公演を観てくださっていたうえ、“広島が舞台の西部劇”という設定を面白がり、参加を決めてくださいました。エンタテイメントの第一線で活躍し続ける豊富な経験から、僕が教えていただくことも多いと思っています。鈴木さんとは2019年に舞台でご一緒しており、出身や年齢が近いせいか、最初からなんでもフラットに話せた。真っ直ぐに役と作品に取り組む姿勢が信頼でき、一緒に稽古することが今回も非常に楽しみです」と信頼を寄せている。

 COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ 2022』は、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて2022年4月5~30日、大阪・森ノ宮ピロティホールにて5月6~16日上演。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

天海祐希のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天海祐希」に関する記事

「天海祐希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天海祐希」の記事

次に読みたい「天海祐希」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク