『劇場版 おいしい給食 卒業』5.13公開決定 市原隼人らのコメント入り超特報解禁

『劇場版 おいしい給食 卒業』5.13公開決定 市原隼人らのコメント入り超特報解禁
拡大する(全1枚)

 2021年10月期に放送された市原隼人主演ドラマ『おいしい給食 season2』が、『劇場版 おいしい給食 卒業』というタイトルで映画化され、5月13日より公開されることが決定。市原をはじめとするキャスト陣が、最新劇場版について語る超特報が解禁された。

【動画】『劇場版 おいしい給食 卒業』超特報

 給食絶対主義者の教師・甘利田幸男(市原)と、自由な発想を持つ給食変革者の生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描き、2019年10月期に放送された学園グルメコメディードラマ『おいしい給食』。『おいしい給食 season2』はその2年ぶりの続編で、2020年3月に公開された『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の2年後を描いた。

 1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たちや大人たちのさまざまな人生模様が、食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく本作。劇中では鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が毎回登場し、そのノスタルジックな雰囲気も魅力のひとつとなっている。

 超特報映像は、甘利田になりきった市原を捉えたメイキング風景からスタート。続いて市原が「(映画は)何でこのメニューなんだろう?」と笑顔で語る姿のほか、ゴウ役の佐藤が「給食にまた危機が訪れる」、甘利田を警戒する学年主任・宗方早苗役の土村芳が「ハプニングというか…」、駄菓子屋・お春役の木野花が「給食に対する愛情が半端ない。その愛情は止まらない!」などと、それぞれ最新劇場版について語る姿が映し出されていく。最後は市原が「これだけ精一杯人生を生きていればどれだけ幸せなんだろう、っていうのを考えさせられましたね」としみじみ語り、コッペパンにかぶりつく姿で締めくくられている。

 『劇場版 おいしい給食 卒業』は5月13日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク