小松菜奈が涙…主演映画『余命10年』上映に「感無量」

小松菜奈が涙…主演映画『余命10年』上映に「感無量」
拡大する(全1枚)

 女優の小松菜奈、俳優の坂口健太郎が24日、都内で開催された映画『余命10年』ジャパンプレミアに出席。減量を行って不治の病を抱えるヒロインを演じた小松は「こうして完成できたこと、今ここに立っていることを、本当にうれしく思いますし、感無量というか…。本当にこの1年、みんなで前を向いて、生き続けたこの1年。映画『余命10年』が、これからたくさんの人に届くように、届いてほしいと、心から願っています。本当にこの日を迎えられて、とても幸せです」と涙ながらに上映の喜びを語った。

【写真】涙で目をうるませる小松菜奈 

 本作は、20歳で不治の病にかかり、もう恋はしないと心に決めた茉莉(小松)と、生きることに迷いながらも茉莉と出会い恋に落ちていく和人(坂口)が織りなすドラマを描く。この日は、山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊、藤井道人監督も出席した。

 小松は1年をかけて茉莉を演じたことについて「演じ終えたあとは、抜け殻状態だったというか。燃え尽きたなっていう気持ちがすごく大きくて。すぐに次の仕事に進めないくらい、不思議な時間だった」と回想。

 続けて小松は「自分の人生と役の人生、本当に両方が重なって。2つの人生を歩み続けたっていうのが…今までにそういう役はなかったので。すごく大好きな現場でしたし、ここにいる皆さんと一緒に、1つのこの大切な作品を作れたっていうのは、本当にかけがえのない、自分にとって、すごく宝物になりました」とも語った。

 その後、物語にちなんで「今後10年間でやっておきたいこと」を聞かれた坂口は「断捨離」と返答。「お仕事をいただいて、メディアというか、人の目に触れたりすることで、勝手に自分の中で、変なメッキを自分につけちゃってるんじゃないかなって思うときが、時々あるんですよね」と話し、「自分についてしまったメッキをいつでも捨てれるような考えではいたいなっていうのは、思いましたね。だから断捨離にしました」と話していた。

 一方の小松は「日本一周!!」とのこと。「いろんな話を、いろんな人に聞きたいですし、日本は素晴らしい場所なんだぞと言える、海外の人にも紹介できるような、日本のいいところをたくさん知っていきたいなと思い、日本一周にしました」と考えを明かしていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク