対自民より激しい? 日銀総裁人事をめぐる民主党内の攻防

 日銀総裁の空白人事打開を目指して、政府は7日、副総裁の白川方明(しらかわ・まさあき)を昇格させる人事案を国会に提出した。8日には、両院の議運委による両氏の所信表明・質疑を行い、9日の本会議で採決する予定となっている。

 ここまでの日銀総裁人事を巡り、政府与党は福井俊彦前総裁が3月19日に退任以降、武藤前副総裁、田波元大蔵事務次官の総裁人事案を提出したが、民主党が相次いで拒否。中央銀行の総裁が決まらない前例が生じ、日本の金融システムが世界的に見て信用されなくなる事態が生じている。福田首相は今回の白川案について、「(民主党は)同意してくれると思う」と記者からの質問には答えたが、仮に3度目の不同意となれば政権へのダメージは避けられそうにない。

 なぜここまで、日銀総裁人事問題の収束に時間がかかったのか。その背景には、与党の力不足もさることながら、民主党の党内事情もあったようだ。「元々、小沢代表と武藤さんは仲良しなんです。民主党の小沢代表寄りの議員によると、小沢さんは『武藤さんで別に良かった』と話していたそうです」(民主党担当記者)

小沢代表は、元々は自民党の人間。それも旧大蔵との太いパイプを持つ田中派の出身ということも考えれば、財務省の親派であっても不思議ではない。また武藤氏は、旧大蔵省で主計局長をしていた時代に、永田町人脈とのパイプを作っていたと見られ、その当時、小沢代表とも意見交換を積極的にした仲。政策通であり、大蔵官僚特有の事務処理能力にも長けていた点が、小沢代表から高く評価されていたようだ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年4月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。