読売新聞による“言論弾圧”著作権裁判が始まる!

 本サイトでも既報した(記事参照)ジャーナリストの黒藪哲哉氏が読売新聞西部本社(福岡市中央区)の法務室長・江崎徹志氏から著作権を侵害されたとして訴えられた裁判の第一回口頭弁論が4月14日10時30分から、東京地裁第526号法廷において行われた。傍聴にはフリーのジャーナリストたちをはじめ、社会問題に関心をもつ一般市民、さらにスーツ姿のサラリーマン風の男性などが席を埋めた。

 被告席には黒藪氏とともに、久留米市に事務所を置き、新聞販売店の問題に取り組んでいる市橋康之弁護士が着いた。原告席には代理人である喜田村洋一弁護士のみで、江崎氏本人の姿はなかった。

 まず、原告である読売側から、準備書面と証拠9点の提出が確認された。被告側からは答弁書と求釈明が提出され、裁判官によってこれらの文書確認が進められた。

 その際に、清水節裁判長から原告・読売側代理人に対し、「(問題の)催告書が著作物であるとする具体的な論点を示したものを提出するように」と指示。被告側には「その他の点についての認否」を提示するよう述べ、事務的な確認を済ませて散会となった。

 今回の裁判では、事務的な文書である「催告書」が著作物としての要件を満たしているのかが最大の争点であろう。散会後に行われた説明会で市橋弁護士がこの点に触れ、「訴状に記された原告による主張が不十分だったので、裁判所が釈明を求めたものの納得できるものではなかったようです」と説明。原告の主張に対して疑問を感じた裁判所が、さらに「この催告書を著作物とするより具体的なもの」を求めたというわけである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年4月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。