創刊もいきなり赤字懸念!?「m9」編集長が語るm9(^Д^)な展開

 今春になって、「思想地図」(NHK出版)、「ロスジェネ」(かもがわ出版)と、批評誌・オピニオン誌の創刊が相次いだ。そんな中、異色ともいえる存在が、4月26日に創刊された“ライトオピニオン誌”「m9」(晋遊舎)だ。「エムキュー」と読むこの雑誌名、創刊の辞によれば、アスキーアートの「m9(^Д^)」から取ったらしい。「元々は面白かったり驚いたりするときに使う顔文字らしいですが、『正論を突きつける』ときなどにも使われているようです」(「m9」『はじめに』より)と記し、このAAのように、「社会のあらゆることに人差し指を突きつけて、問題提起を行っていく」ことを目指しているそうだ。とはいえ、言論誌に元気がなくなったと言われるようになって久しい今、新たなオピニオン誌を創刊する勝算は、どこにあるのだろうか?

 「m9」の目次を見てみると、特集の「格差・ニート・ワーキングプア」から、「アキバ系腐女子の間で大麻が大流行!?」「今こそキン肉マンを再評価せよ!」「野菜があぶない!」などなど、実に幅広い内容のタイトルが並んでいる。幅広すぎて、やや雑多な印象を受けるくらいだ。そもそも、「m9」が標榜する「ライトオピニオン」とは何なのだろう。

「『大文字の文学とライトノベル』の対比関係になぞらえた、『大文字の言論とライトオピニオン』という位置付けです。我ながら良いキャッチだと自讃しています(笑)。文学の分野では、価値観の変化による既存誌への馴染めなさが、『文学』の衰退とライトノベルの興隆、という形ですでに顕在化しています。『言論』分野でも同様に、仰々しい『言論・オピニオン』でなく、若い世代の感覚とリンクした『ライトオピニオン(Light Opinion)』という可能性を見出していきたいと考えています。言論誌の読者は年配の方がメインで、新しい若い読者が全然入ってこない。なぜかというと、既存誌にあるのは有閑階級のたわごとであり、老人同士の内ゲバに過ぎないから。老人の暇つぶしのような不毛な議論が幅をきかせている現状に、一石を投じたい。現代の若者はオピニオンがない、マーケットとして存在しないというわけではないと思います」(「m9」編集長・丹下晃秀さん)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月8日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。