ついにポルノ解禁 専門家が語る北朝鮮の現代エロ事情(前編)

 古今東西、「性的表現物」は社会の秩序を乱しかねないものとして、厳しく規制されてきた。だが、その規制のレベルは時代や国によって、まちまち。それでは、国際的にも“最も自由のない国”と思われている北朝鮮の場合はどうだろうか? 実は、ここ数年でエポックメイキングな出来事があったという。政府公認のポルノ小説が出版されたというのだ。果たして、その裏にあるものとは?

 北朝鮮で、ポルノ小説が解禁されていた!? という仰天情報が飛び出した。同国では独裁体制のもと、厳しく国民生活が統制されているはず。ならば、性的表現に関する規制もなおさら厳しそうだが、この変化は何を意味するのか?  北朝鮮情勢に関しては国内随一の専門家である鈴木琢磨氏(毎日新聞編集委員)に話を聞いた。

「僕が2003年に入手した北朝鮮初の公認ポルノ小説は、『黄真伊(ファン・ジニ)』(02年発行)という伝記です。北朝鮮では濡れ場が描かれる一口話を集めたものを『肉談集』と呼び、地下社会で流通していました。でもそれは、ちょっとした一口話の域を出なかった。『黄真伊』は本格的な長編小説の形式を取っている。われわれから見ればモノ足りませんが、レッキとしたポルノ小説。しかも、政府公認なんです」

 同作の舞台は16世紀の朝鮮王朝時代。高麗の古都・開城(ケソン)出身のキーセン(芸妓)が重要な役回りを演じる。キーセンとは、宮廷に仕えていた女性のこと。華やかな衣装をまとい、宮廷内で酒宴の接待などに従事する。作品名でもある「黄真伊」は、大変な美人といわれたキーセンの名前だ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。