ついにポルノ解禁 専門家が語る北朝鮮の現代エロ事情(後編)

前編はこちら

ポルノ小説解禁はDVDへの対抗策!?

 ところで、北朝鮮の闇ルートでは、これまでポルノ小説は出回っていなかったのだろうか?

「金正日をはじめとした高官、あるいは一部のビジネスマンたちは、日本など海外から輸入したエロ本やAVを楽しんでいます。一方で、地下出版物のたぐいを除けば、庶民の手にポルノが渡るようなことはなかった。しかし最近では、韓国のポルノDVDが豆満江を通じて北朝鮮にどんどん入り始めていたんです」

 北朝鮮では、海外のポルノDVDやエロ本は「異色的録画物」「異色的出版物」と呼ばれる。資本主義国家の自由すぎる「異色的録画物」などが国内に広まっては、「国外ではこんなに自由なのか」と人民の不満が鬱積する。そこで北朝鮮は、自前のポルノ小説を公式に出版することにしたというのが鈴木氏の見解だ。

「『黄真伊』が北朝鮮で出版され、金正日が60歳の還暦を迎えたのが02年。父・金日成は94年に死去し、金正日体制になってから、恋愛小説や歌のたぐいは少しずつ出始めた。さらにポルノ小説を解禁すれば、人気取りにもなるし不満のガス抜きにもなる。つまり大衆操作のため、金正日時代ならではの性の解放をしようということでしょうね。ポルノ小説が出たのは、金日成から金正日に時代が移り変わった、ひとつの象徴でもあります」

 鈴木氏によれば、北朝鮮において、小説には非常に重要な意味合いがあるという。

「北朝鮮の作家は、小説を自由に書くことができないんですよ。彼らは超豪華なコンドミニアム(集合住宅)でVIP待遇を受け、恵まれた環境で小説を書いている。ただし、作家が書いた小説は全部細かく検閲され、最終的に金正日がゴーサインを出さなければ出版されません。ポルノ小説が公式に出されることについても、金正日が自ら決裁していることは間違いないでしょう」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。