警察利権に「暴力団」は必須!? やくざとメディアの関係(中編)

前編はこちら

「やくざは怖い」からこそ警察OBの食い扶持がある

A 政治家やインテリにももっとこの暴対法について深い議論をしてほしいんだけど、「暴力団対策」という名前にごまかされている。

B 今回の改正に唯一反対を表明しているのが、鈴木宗男議員。これまでは全会一致で成立・改正してきたのだから、画期的ともいえるね。

C 鈴木議員の場合、「まず、裏金問題などを抱えている警察が襟を正せ」「海外マフィア対策が先決」という主張。彼は裏に佐藤優などのブレーンがいるから、過激だけど的を射ていることも結構言っているんですよね。

A 結局、暴対法の根本的な問題は、規制する団体を国が恣意的に指定するところ。チーマーや海外マフィアなんかは対象外だし、そもそも存在していた「暴力行為等処罰に関する法律」の運用で、どんな組織も個人も一律に取り締まれば済むという主張も以前からあったんだよ。

B 今後は日本でも「やくざというだけで犯罪」というくらい、取り締まりが厳しくなっていく可能性が高い。ますます地下に潜るだけなんだけどね。

――法律面だけでなく、警察の締め付けも厳しくなっていますね。

A しかし、暴力団がなくなると、捜査の面で警察も困ると言ったけど、警察の天下り先である各都道府県にある暴対センターが縮小されるのも困るはず。ホテルや飲食業界にも「ヘンな客、怖い客の対策には警察OBを」という触れ込みで、人員を受け入れさせている。それも通用しなくなるわけだから。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月15日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。