無料版ワシントン・ポストに見習うべき日本のダメ新聞

 アメリカでは、街角に新聞の自動販売機があるのは見慣れた景。しかし、首都・ワシントンDCでは、世界的に有名な「ワシントン・ポスト」の自販機横に、同紙が2003年から発行している無料紙「エクスプレス」のラックが並んでいる光景を見かける。有料のワシントン・ポストの部数をむざむざ落としているようにも思われるが、在米経験の長い日本人ジャーナリストは、「ワシントン・ポストの部数に影響はない」と一笑に付す。

 というのも、両紙では読者層が異なるのだ。ワシントン・ポストは、政界関係者やビジネスマンが購読層だが、一方のエクスプレスは、一般労働者や主婦、学生など、新聞を積極的に読まない層が中心。内容も、前者は筆力のある専属記者が書いた長文記事が多いのに対し、後者はAP通信が配信した記事を短く掲載しているのみ。

「エクスプレスは、英語が苦手な私でも読みやすい(笑)。しかし、充実した情報を手に入れたい人は、50セントを出し、50ページを超えるワシントン・ポストを買うというわけです」(同)

 翻って日本では、無料紙の発行は皆無に近い。02年から無料紙「TOKYO HEADLINE」(ヘッドライン社)が発行されてはいるが、あまり知られておらず、追随の動きもない。だが、需要がないのではない。全国に張り巡らされた宅配システムを持つ大手紙の抵抗が強いことが、大きな要因なのだ。

「日本の宅配システムは、世界でも類を見ない仕組み。日本の新聞社はこの販売網によって巨大な企業体に成長したが、今では逆にその維持に汲々としている。販売網を損ないかねない無料の『TOKYO HEADLINE』に対しては、大手紙が共同通信と時事通信に圧力をかけて国内ニュースを配信しないようにするなど、妨害の動きもあった」(大手紙中堅幹部)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月22日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。