おバカに天然ボケ 女子アナのタレント化に見る局の戦略とは?

おバカに天然ボケ 女子アナのタレント化に見る局の戦略とは?
もはや週刊誌の常連となっているTBSの青木裕<br>子アナ

 昨今ますます熱を帯びている女子アナブーム。週刊誌では連日女子アナの恋愛報道やパンチラ写真が掲載され、テレビでは自分の番組を持つ若手女子アナも増えてきている。

 こうした女子アナのタレント化を、マスコミ論の専門家はどう見ているのだろうか? 多くの女子アナを輩出したマスコミ講座を主宰する、法政大学の稲増龍夫教授に聞いた。

(以下、稲増氏・談)

 女子アナブームと言われていますが、就職活動中の学生の間では、すでにブームは終わっています。事実、私が主宰している法政大学の「自主マスコミ講座」でも、アナウンサー講座を志望する学生は減っており、定員30名のところ、昔だったら100人以上の申し込みがあったのに、今は50人前後しか集まらない。

 その理由として第一に考えられるのは、テレビ局の採用人数の激減。私が「自主マスコミ講座」を開講した頃はバブル期だったんですが、地方局の採用数も含めると、今は当時の3割ほどに減ってしまいました。それに伴い、地方局の女子アナはほとんどが契約社員採用。現実的に見て、女子アナという職業自体、学生にとって実現可能な選択肢ではなくなってきているんです。加えて、運良くキー局の女子アナになれたとしても、今度はスキャンダル報道にさらされる可能性がある。いろいろな意味でリスクが高くなり、もはや安易に女子アナを目指せなくなったのでしょう。

 また、キー局の女子アナ採用試験がタレントオーディションと化していることも影響しているようです。ただ、採用試験で実施される内容は昔と大差ありませんよ。大きく変わったのは評価の基準で、ルックスに対する比重が非常に大きくなったんです。そのため、ミスキャンパス受賞者やタレント活動をしている人が好まれるようになり、普通のコが採用されづらくなった。20年前はテレビに出ていることがマイナスだったんですけどねぇ。あの当時はタレント活動をしていても、それを隠して採用試験に臨んでいたくらい。テレビ局は自分たちのカラーで育てたいから、最初から色がついているような学生は嫌っていたんです。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年6月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。