オシャレ系大規模施設乱立!! 大手ディベロッパーの豪腕(後編)

前編はこちら

 つまり、最近のディベロッパーは、純粋な不動産業者としての側面と、金融業者としての能力を兼ね備えるようになった、というわけだ。さらに、自社、あるいはグループ内に、建設業や内装業、ビル管理業などの機能を持つに至り、開発事業による利益を独占できる体制を築いている。

 実際、このように“不動産総合商社”と化した大手ディベロッパーと、開発にかかわるその他の各業界の企業との収益格差は開く一方だ。三井不動産と三菱地所の08年3月期連結の営業利益は、それぞれ1793億円と1780億円(売上高は1兆3600億円と7877億円)で、いずれも過去最高益を記録した。これに対して、鹿島建設、大成建設、清水建設のゼネコン大手3社の平均営業利益(07年3月期連結)は、いずれも下落しているのも象徴的だ。

 もちろんディベロッパー以外にも、大規模再開発事業によって業績を伸ばしている企業もある。例えば、電通などの大手広告代理店だ。

「電通は、『水都大阪2009』のような、国や地方公共団体主催の、再開発事業と連動するようなイベントはもちろん、実際の再開発事業を仕切るケースも多い。赤坂サカスでは、ネーミングやコンセプト、テナントの選定などといったイメージ戦略を一手に引き受け、今年1月に竣工した、総戸数2 794戸のツインタワー超高層マンション『THE TOKYO TOWERS』においても、CMにリチャード・ギアを起用し、販売の1年ほど前から、大がかりなイメージアップキャンペーンを実施しています。昨今の大規模再開発は、同社のドル箱になっているでしょう」(須田氏)


この記事の画像

「オシャレ系大規模施設乱立!! 大手ディベロッパーの豪腕(後編)」の画像1 「オシャレ系大規模施設乱立!! 大手ディベロッパーの豪腕(後編)」の画像2 「オシャレ系大規模施設乱立!! 大手ディベロッパーの豪腕(後編)」の画像3

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年6月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。